歴代トリプルスリー達成者

写真拡大

すでに30本塁打超えの柳田が30盗塁に王手

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が13日、敵地での楽天戦でリーグトップタイの29盗塁目を決めた。試合前の時点で打率.368、32本塁打をマークしており、30盗塁に王手。トリプルスリー(3割30本塁打30盗塁)に大きく前進した。

 柳田は3-5と2点を追う3回、先頭で打席に立つと相手先発の釜田から左中間へ二塁打をマーク。その後、松田の打席で三盗を決めると、嶋の悪送球の間に一気に生還した。

 ヤクルトの山田哲人がすでに本塁打(34)、盗塁(30)ともにクリアしており、打率3割台もキープ。13年ぶり史上9人目となるトリプルスリー達成だけでなく、65年ぶりとなる2選手同時達成の可能性がさらに高まってきた。