途中出場したリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

70%台の支配率を記録しながらチャンスを作れず

 リーガエスパニョーラ第3節、バルセロナはアウェイでアトレティコ・マドリーと対戦。苦しみながらも2-1で制して開幕3連勝を果たした。この勝利の要因となったのは、61分から途中出場したリオネル・メッシだった。

ーーーーー

 バルサは問題も多いが、やはり強い。

 代表戦による中断が明けた第3節、アトレティコ・マドリーのホーム、ビセンテ・カルデロンに乗り込んだバルセロナはリオネル・メッシをベンチスタートとした。

 アトレティコという難敵を相手に前半から70%台の支配率を記録。しかし、前半のチャンスメイク数は4回:4回のタイ、シュート数は6本:5本でわずか1本しか上回ることができなかった。

 中盤のラキティッチが精力的に動くことで最終ラインと前線をつなぐ役割を果たしたため、開幕戦と第2節よりはチーム全体で攻撃ができていたものの、アトレティコを圧倒するまでには至らなかった。

 その要因は、やはり最終ライン。マスチェラーノが45分で51回のボールタッチを記録して46本のパスを出すなど、安易な縦パスに頼らずビルドアップする意思は見せていたものの、昨季の支配力を取り戻すことはできていなかった。

 ボールを持ってプレーした位置を示す「アクション・エリア」を見ても、前半45分は自陣が50.34%と過半数。バルサの攻撃の核ともいえるSBはセルジ・ロベルトが敵陣で55.38%を記録したものの、アルバが50%。昨季は多くの試合で60%以上を記録していたことを考えると、やはり物足りない数字だ。

 対するアトレティコは、ホームで28%の支配率という状況に立たされたが、昨季の全38試合で平均支配率45%となるなど、シメオネ監督はショートカウンターの使い手のため、支配率は大きな問題とはならなかった。

 逆に4-4-2でスタートしたシステムを4-5-1に変えるなど徐々に対策を打ち、バルサのDFラインのミスからチャンスも作り出すなど時間の経過とともにバルサに対抗する姿勢を出していた。

わずか29分間でバルサの強さを取り戻させたメッシ

 そして後半に入ると50分にフェルナンド・トーレスが先制点をゲット。アトレティコは思惑通りの展開でリードを奪うことに成功した。

 しかし、バルサの根本的な強さが発揮されたのはこの直後から。54分にゴール正面で得たFKのチャンスでネイマールがコース、スピードとも完璧なシュートを決めて同点。粘り強くゲームプランを実行して先制点を奪ったアトレティコから、あっさりとリードを取り上げてしまった。

 さらに59分にラキティッチに代わってメッシが投入されると試合は一変。完全にバルセロナのペースとなった。

 メッシ投入後のバルサの「アクション・エリア」を見ると、敵陣で60.89%まで上昇。アルバも敵陣で71.43%まで攻め込むことが可能となった。

 その結果、わずか29分間でチャンスメイク4回、シュート5本と前半45分間と変わらぬ数字を記録した。

 特にメッシ個人のスタッツを見ると、上記の通り29分間のプレーで1対1を10度制して両チーム最多。チャンスメイク数でもフル出場したイニエスタの3回に次ぐ2回を記録してチームの攻撃を活性化。77分には今季初得点となるゴールでチームを勝利に導いた。

 この29分間のバルセロナは、今季の3試合で最高のパフォーマンスを見せ、同時にメッシの凄さを改めて突きつけた結果となった。

 一方で問題点に触れると、メッシに代わって右ウイングに入ったのはラフィーニャ。そもそもラフィーニャはウインガーではなく中盤の選手であり、ネイマールが欠場した開幕戦でも左ウイングに入ったがインパクトを残すことはできなかった。

史上最強3トップが故にはらむ問題点とは?

 この点に関しては、やはりチェルシーに移籍したペドロの穴を感じざるを得ない。もちろんペドロほどの選手がローテーション要員で満足できるはずはなく、今夏での移籍は致し方ないものでもある。

 さらに、アトレティコから獲得したアルダ・トゥランは補強禁止処分の影響で前半戦は起用不可能。後半戦から起用できたとしても、まずは試合勘を取り戻す作業から始めなくてはならず、ローテーション要員としての起用となれば今季中に100%のコンディションを取り戻せる保証はない。

 負傷者のリストを見ると、GKクラウディオ・ブラーボ、DFダニエウ・アウベスという2人の主力がおり、ピケを出場停止で欠いているが、GKには“最強の第2GK”テア・シュテーゲンがおり、ピケのCBにはフェルマーレン(この試合で負傷)、マテューとそこそこ層は厚く、アウベスのSBは若手のセルジ・ロベルトが好プレーを見せている。

 メッシ、スアレス、ネイマールの3トップは歴代サッカーチーム史上最強の3トップともいえる陣容ながら、それが故にサブに優秀な選手を配しておけないというマイナス面も存在する。

 チーム自体は、まだまだ100%ではないものの、この3試合で段階的に完成度を上げていることからも試合を積めば再び支配力を発揮するはず。

 それだけにルイス・エンリケ監督には、この3人が負傷や出場停止とならないように的確なマネジメントが求められる。

 バルサは強い、しかし問題も根深い。

text by 海老沢純一