これからは食事、運動に加え遺伝子にも注意?

写真拡大

米マサチューセッツ工科大学の研究者らは、マウスや人の脂肪細胞の中から代謝を加速し、余分な脂肪が熱エネルギーとして燃焼するのを促進するよう切り替える「遺伝子スイッチ」を発見したと発表した。

研究者らは、標準体重で健康な成人100人の脂肪細胞を遺伝子レベルで調査したところ、約半数が肥満リスクとなる「FTO(Fat mass and obesity associated gene)」という遺伝子変異を持っていた。この変異を持っている人は、脂肪細胞の中にある「IRX3」と「IRX5」という2つの遺伝子が活性化されており、詳しく分析した結果、IRX3とIRX5は体内のエネルギー消費を抑え、脂肪細胞に貯蔵する(脂肪を作る)よう働きかける遺伝子であることがわかった。

マウスを使った実験でIRX3が働かないよう操作したところ、運動量や食欲は変化しなかったが体重は減少し、脂肪燃焼も増加、高脂肪食も避けるようになったという。研究発表は2015年8月19日、総合医学雑誌「New England Journal of Medicine」オンライン版に掲載された。

参考論文
FTO Obesity Variant Circuitry and Adipocyte Browning in Humans.
DOI:10.1056/NEJMoa1502214 PMID:26287746

(Aging Style)