冷凍保存に便利なコンパクトサイズの濃縮青汁登場!

写真拡大

ファンケルヘルスサイエンス(横浜市)は、「本搾り青汁 プレミアム冷凍 濃縮タイプ」を2015年9月17日に通信販売で、10月20日に直営店舗および一般流通で数量限定発売する。

国内産ケール100%を使用した青汁を00年より販売、緑黄色野菜の摂取不足を補える製品として好評を得ているという。

さらに利便性を追求し、冷凍庫内でも場所をとらないスリムサイズの冷凍青汁濃縮タイプを開発。新鮮な国内産ケールを搾り、濃縮して急速に冷凍。ケールの使用量はそのまま、個包装の大きさを約3分の1までコンパクトに。解凍時間は電子レンジ(600ワット)でたったの10秒。流水での解凍でも従来の半分程度に時間を大幅に短縮した。

1袋で1日に必要な緑黄色野菜量(120グラム)を摂取でき、毎日の食事で不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維などを手軽にしっかり補給できる。さらに、独自成分「植物性ツイントース」を配合。カルシウムなどのミネラルの吸収を高めてくれる。

好みに合わせて、水や牛乳、豆乳、ジュースなどで割るほかに、カレーやシチューなどの料理にと幅広く活用できる。

価格は25グラム×30袋入り3950円(税込)、同7袋入り926円(同)。