忙しいビジネスマンお助けのランチといえば立ち食いそば。隙間時間に食べられて、しかも安い! そばとごはんや天ぷらなどの組み合わせや定食もありおなかも満足。そんな立ち食いそばメニューのカロリーと栄養について検証してみました。男性でもダイエットを気にしている人は必見ですよ!

男性の1日の必要摂取カロリーは?

男性が1日に必要な摂取カロリーの目安は、身長175cm、30代男性で立ち仕事をする人の場合だと、2000〜2300kcalぐらいです。身長の高い人や20代ではこれよりも少し高め、運動をする人もさらにカロリーを摂る必要があります。2000kcalを目安にすると、1食分は、670kcalぐらいですね。

立ち食いそばメニューのカロリーを検証

そばのカロリーを見てみると、もりそば350kcal、かけそば320 kcal、天ぷらそばになると一杯で450 kcal。立ち食いそばでよくあるメニューでは、カツカレー950 kcal、カツ丼・かき揚げ丼は丼1杯で900kcal・600kcalですがミニ丼だと半分ぐらいなので450kcal・300kcal、コロッケ185kcal、いなりずし1個124kcal、おにぎり1個180kcal、生卵90kcal。天ぷらのカロリーは、えび天60kcal、イカ天80kcal、ちくわ天80kcal、かぼちゃ天55kcal、なす天40kcal(いずれも中サイズの天ぷら)など。うまく組み合わせて1食分のカロリーを大幅にオーバーしないようにしたいものですね。

そばの栄養素にも注目

そばにはビタミンB1が含まれて疲労回復に効能があります。ビタミンB2は皮膚や粘膜を守り、体の抵抗力をアップ。さらに良質なたんぱく質も豊富で、アミノ酸が疲労回復、体力アップ、脂肪減少などに有効にはたらきます。ポリフェノールの一種であるルチンも多く含まれ活性酸素を除去するので、紫外線防止やアンチエイジング効果が。ルチンには血管を強くして血圧を下げる機能もあります。水溶性なので、そばと一緒にそば湯を頼んだほうがよいですね。


writer:松尾真佐代