亀田大毅オフィシャルブログより

写真拡大

 9月6日、米・テキサスでの試合でボクシングの亀田三兄弟、二男の大毅と三男の和毅がともに判定負けで敗れてしまったが、実は、海外の一部ボクシングファンからは試合前に「亀田寄りジャッジ」が懸念されていた。

「ヘイモンが投資しているスター選手だから、フェイク(八百長)採点はあるんじゃないか」
「強さを比較する以前に、この試合は亀田が有利になっているんだろう」

 ネット上の掲示板やTwitterで見られたいくつかの書き込みには、試合前に採点への不信感を示したものだった。

 というのも、亀田が現在、プロモート契約するのはアメリカの有力アドバイザー、アル・ヘイモン氏で、投資会社から巨額の投資を受けて有力選手を150名以上もかき集め、3月から全米大手テレビ局で『プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)』なる番組を開始。そんな人物が契約する選手なのだから、有利は当たり前という見方があったのだ。

 これは、日本でTBSが亀田兄弟を過剰にプッシュしたのとそっくりな図式だ。試合は大金を出しているTBSの顔色をうかがった運営がなされ、過去には亀田が反則の金的パンチを打ってもレフェリーは見て見ぬふりで、亀田が劣勢な試合でも判定では亀田の手が上がった。世界ランキングの不自然な動きも頻繁に発生し、長男・興毅は、3階級制覇のうち2つは不可解に決まった王座決定戦によるもの。

「TBSは試合運営にも口を出していて、観客のブーイングが放送に乗るのを避けるため、放送時間内に採点の読み上げをしないようリングアナに圧力をかけたこともあった」とは関西のジムのトレーナー。

 アメリカでも亀田の試合では公平な採点が行われないのではないか、そんな不信感は試合前の賭けオッズにも表れたようで、和毅が挑戦したWBA世界バンタム級タイトルマッチでは、前回の試合で和毅に勝っている王者、ジェイミー・マクドネルがなぜか高配当。マクドネルに2.5倍ほどのオッズが付いた一方で、和毅は1.7倍だった。不公平採点を見越して和毅に賭けた人が多かったと見られてもおかしくないものだ。

 しかし、試合は意外にも3人のアメリカ人ジャッジが116-111、115-112、117-110でマクドネルを支持して決着。和毅は最終ラウンドでスリップ気味のダウンを喫していたが、これを抜きにしても敗北は動かないものだった。相手マクドネルはアメリカでは人気のないイギリス人選手で、こちらをひいきしたということもありえない公平採点だった。

 試合映像を見ても優勢なのはマクドネルで、終始プレッシャーをかけて長いリーチからパンチをヒット。これに対して、和毅は父親・史郎氏の「もっと離れろ」という檄を聞いたか、下がってばかりで手数は少なかった。

 前出トレーナーは「三男は、パンチは速いけど足は速くないので、接近戦で勝負しなきゃいけないのに、陣営が逆の指示をしていたのは『KOされなかったら判定で勝てる』という過保護時代の癖が抜けなかったからでは」と話す。

 二男の大毅も2ラウンドにダウンを奪ったが、1-2での判定負け。こちらも今までの過保護判定なら、微妙な差で勝たせてもらっていたと思われるようなものだった。番組サイドの敏腕アドバイザーが味方についても、本場のリングで“ホーム”判定はしてもらえなかったことになる。

「そもそもヘイモン氏のマッチメイクは、有名選手を次々に放り込むけど、大金を引っ張って試合を組むだけだから内容のつまらない判定決着がやたら多く、試合の中身まで考えてやってない感じ。亀田をスターにするために骨を折るということもないんでしょう」(同)

 そのヘイモン氏、選手と契約する身でありながら実質プロモーター的な立場にもなって他業者を排除していることが、アメリカ国内で定められている独占禁止法などに抵触するとして、ゴールデンボーイプロモーションズなど複数のボクシング関連会社から巨額の訴訟を起こされている。「一歩間違えれば、投資バブルがはじけて契約選手が路頭に迷う」なんて事態も一部でささやかれている。10月に試合を行う予定の長男・興毅は、今ごろ公平なジャッジにおびえているかもしれない。