30年以上の経験を持つ為替のスペシャリストで、バーニャマーケットフォーカスト代表の水上紀行氏は、マーケットには攻め時と守り時があると指摘する。トレード時にはそれを見極めることが重要になる。以下、水上氏が解説する。

 * * *
 米レイバーデーは、「労働者の日」のことで、毎年9月の第一月曜日と定められた祝日です。今年の場合は、9月7日(月)です。この祝日が明けると、米国では、学校が日本の4月にあたる新学期を迎えます。

 そして、トレーディングの世界でも、12月に向けた下期のトレーディングシーズンがスタートとなります。本来欧米勢の下期は、6月末の中間決算が終わった後の7月から12月になります。しかし、7月、8月は夏のホリデーシーズンのため、実質的には9月からが下期となるということです。ただし、最近では、やや前倒しになって、8月後半から動きが出始めることが多くなっています。

 年によっては、レイバーデー明け直後から動く場合と、1〜2週間、間を置いてから動き始める場合があります。いったん方向が決まると、11月から12月初旬に向けて、ワンウェイ(一方通行)に動く傾向があります。

 では、どの通貨ペアがその年のワンウェイに走る注目通貨になるかを、どのように物色するかということになります。実はそれほど難しい問題ではなく、8月後半から9月初旬にかけて話題の中心となっている通貨ペアが、その年の下期の注目通貨になることが多いと見ていいと思います。

 9月から下期のトレーディングシーズンが始まり、10月、11月を経て、そして、11月末には米系ファンドの本決算、12月中には欧米の金融機関の本決算を迎えます。通常11月の第4木曜日、今年で言えば11月26日(木)の米感謝祭が冬のホリデーシーズンの幕開けとなります。

 特に12月15日前後は、一気にポジションをクローズすることがあり、相場は大きく動くことが多いため、十分注意をしておく必要があります。このように、トレーディングにもシーズンがあり、トレーディングの始まりの時期、終わりの時期がありますので、それを知っておかれると、マーケットが今の時期を攻め時(前向きの時)と見ているのか、あるいは手仕舞いの時(後ろ向きの時、守りの時)と見ているのかがわかります。

 私の記憶の中で、その典型例が、2005年9月から12月です。この年のこの時期に、本邦個人投資家層は、キャリートレードー(高金利通貨買い低金利の円売り)で大儲けしました。

 ドル/円やクロス円は、一本調子に上がったため、逆にプロはこの上げに乗り切れず、どこかで調整があるとばかりに売り上がっては、締め上げられて万歳(損切り)となり、個人投資家層がプロに勝った、とまで新聞で報じられました。

 12月に入り、マーケットの雰囲気はこの相場はまだ続くと鼻息の荒いものでした。そんなところに、米貿易収支の発表があり、予想より悪い結果が発表されました。その当時でも米貿易収支は、もうそれほどは注目されていない指標でしたが、この時の貿易収支は違いました。悪い結果を受けて、いつもとは違う強烈な売りが巻き起こり、ドル/円で5円強急落しました。

 その後、結局9月から上げた本邦勢の約13円分の利益は、ほぼ返上に近い格好となりました。後になって聞いたところによりますと、9月にドル/円のロングを仕込んだシカゴ筋が、貿易収支の発表を利益確定のタイミングに使ったということでした。

 こうした12月中に手仕舞いを大々的に行う場合が一般的には多いですが、2012年には米系ファンドがクリスマス休暇返上でドル/円を買い上げてきたこともありました。

※マネーポスト2015年秋号