リオ五輪最終予選組み分け決定に手倉森監督「良いグループ」

写真拡大

 リオデジャネイロ五輪のアジア最終予選となるAFC U-23選手権の組み合わせ抽選会が12日に行われ、日本はサウジアラビア、北朝鮮、タイと同組のB組を戦うことが決まった。

 JFAを通じ、「良いグループに入ったと思います」と抽選の感想を語った手倉森誠監督。理由については、「どの国もフィジカルが強く、日本に対し引いて守ってくることは無いでしょう。それは世界への階段に上がるには良い相手と言えます。自分たちを高めながら、また、『柔軟性と割り切り』を示しながら戦える良い相手です」と続けた。 

 最大のライバルとみられる過去2度の対戦で敗れているイラク、そしてアジア大会の準々決勝で敗れた韓国はC組に入った。ただ、そのイラクと韓国がC組を1位2位で勝ち上がり、日本も順当に駒を進めれば、ポイントとなる準決勝で必ず対戦することになる。「この組を勝ち抜くことでさらにパワーアップし、ノックアウトステージも勝ち抜き、五輪出場権を獲得したいです」。6大会連続の五輪出場へ。手倉森ジャパンは同じ轍は踏まない。

 AFC U-23選手権は来年1月にカタールで開催される。この大会の上位3チームまでにリオデジャネイロ五輪の出場権が与えられる。

▽A組

カタール、シリア、イラン、中国

▽B組

サウジアラビア、日本、北朝鮮、タイ

▽C組

イラク、韓国、ウズベキスタン、イエメン

▽D組

ヨルダン、オーストラリア、UAE、ベトナム

以下、日程

■C組

第1節

(16年1月13日)

サウジアラビア-タイ

日本-北朝鮮

第2節

(16年1月16日)

タイ-日本

北朝鮮-サウジアラビア

第3節

(16年1月19日)

サウジアラビア-日本

北朝鮮-タイ

■決勝トーナメント

準々決勝

(16年1月22日)

[1]A組1位-B組2位

[2]B組1位-A組2位

(16年1月23日)

[3]C組1位-D組2位

[4]D組1位-C組2位

準決勝

(16年1月26日)

[1]-[3]

[2]-[4]

3位決定戦

(16年1月29日)

決勝

(16年1月30日)