マンチェスター・ユナイテッドを率いるファン・ハール監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督は頻繁に選手と衝突することで知られているが、本人は選手とのコミュニケーション不足を認めていない。11日の英紙『デイリー・スター』が報じている。

 ファン・ハール監督はスペイン代表GKビクトール・バルデスがU-21でプレーすることを拒否したためにトップチームから外したこともあった。これによりチェルシーに所属するスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスから「バルデスの扱い方が好きではない」と批判を受けている。

 他にも多くの選手から批判を受けているファン・ハール監督だが、チーム内の選手とうまくコミュニケーションを取れていると考えているようだ。

「すべての選手は私とコミュニケーションを取りにオフィスを訪ねてくる。だから私を信じてほしい。私は独裁者ではなく、コミュニケーターだ」

 契約延長が発表されたスペイン代表GKダビド・デ・ヘアを「世界最高のGKの一人」と称して高く評価している。トラブルの絶えないファン・ハール監督ではあるが、少しづつ選手に歩み寄っているのかもしれない。

text by 編集部