3勝目のネイラーも感謝「あそこで打ってもらってとてもうれしかった」

 中日の小笠原道大内野手が代打で勝ち越し打を放ち、チームを勝利に導いた。

 12日に本拠地で迎えたヤクルト戦。この日出場登録されたばかりのベテランが2-2の同点で迎えた6回2死満塁で代打で登場し、ライトへ勝ち越しのタイムリーヒットを放った。これが決勝打となり、中日が勝利。6回を5安打2失点と粘りの投球を見せたネイラーが3勝目を挙げた。

 試合後、ネイラーと小笠原がお立ち台へ。助っ人右腕から「特に小笠原選手にあそこで打ってもらってとてもうれしかった」と感謝されたベテランは、決勝打に「最高です」と第一声。「闇雲にいくのではなく、しっかりと一球で仕留められるようにと思ったんですけど、うまい具合に仕留められてよかった」と振り返った。