Doctors Me(ドクターズミー)- 【園山真希絵のダイエットコラム】Vol.10: おすすめ!幸腹レシピ 〜夏野菜×塩こうじ編〜

写真拡大 (全3枚)

園山流幸腹レシピをご紹介

ここまで、私の太っていた学生時代〜今に至るまでのお話を書かせていただきました。自分のミッションである「食」を通じて、今後も少しでも世のため人のためになる人生を、歩んでいきたいと思います。
ここで、このコラムを読んで下さっている皆様のために「園山流幸腹レシピ」を2種類ほどご紹介させていただきます。

1種類目は「夏野菜と塩こうじ」の組み合わせレシピです。
旬のものはその時期身体が欲している食材ですので、身体に良いとされています。
四季折々の食材、見た目も味も楽しみましょう。夏野菜は旬を過ぎつつありますが、まだ残暑でもあり、「夏の終わりを愛でる」という意味で、夏野菜を使ったレシピをご紹介させていただきます。

また合わせて、少し前にブームとなり今や定番調味料となりつつある、塩こうじ。塩こうじは発酵食品なので、旨味成分が凝縮されているだけでなく、美容・健康の視点からも優れた調味料です。

この2つを組み合わせたレシピ、夏の終わりに是非試してみてくださいね。

見た目も鮮やか。「ゴーヤトマトエッグ」!


○材料(1人分)
・ ゴーヤ(ワタと種を取ったもの)…5cm分
・ トマト…1/6個
・ 卵…1個
・ とろけるチーズ…適量
・ オリーブオイル・ブラックペッパー…各少々
【A】
 ・液状の塩こうじ(通常の塩こうじでもOK)…大さじ1〜2
 ・合わせ味噌…小さじ1/2

○作り方
1. 予め【A】を混ぜ合わせておく。

2. ゴーヤは5mm幅位の半月型に、トマトはゴーヤ位の大きさに切る。ゴーヤは、塩こうじ大さじ1(分量外)をふりかけて5分置いておく。

3. オリーブオイル少々を熱したフライパンに、1のゴーヤとトマトを円を描くように交互に並べ、卵を中央に割り入れたら、全体に【A】をまわしかけて、とろけるチーズをまんべんなく散らし、ブラックペッパーをふり、蓋をして、約2〜3分焼いたら出来上がり!

プラス1品にぴったり♪ 「枝豆コーンの炒り豆腐」


○材料(2人分)
・凍らせた木綿豆腐…1/2丁分
・胡麻油…小さじ2
【A】
 ・茹でた枝豆…適量
 ・茹でたトウモロコシ(ホールコーンでもOK)…適量
 ・桜えび…大さじ3
 ・液状の塩こうじ(通常の塩こうじでもOK)…大さじ1〜2

○作り方
1. 凍らせた豆腐を解凍して、小さめにちぎる
2. 胡麻油を熱したフライパンで、【A】と共に炒め合わせれば完成

〜フードクリエイター:園山 真希絵〜