ダニエル・スターリッジ【写真:Getty Images】

写真拡大

 度重なる負傷で昨季からほとんどプレーできていないリバプールのFWダニエル・スターリッジは、今月中旬にもピッチに帰ってくると見られていた。しかし、ブレンダン・ロジャース監督はあくまで早期復帰に慎重な姿勢を崩さない。

 最大のライバルであるマンチェスター・ユナイテッド戦を控えた11日、スターリッジの状態について「本当にシャープに見える」と明かしている。英紙『デイリー・メール』などが伝えた。

 今週はトレーニングをフルでこなせるようになり、順調にいけばユナイテッド戦の出場も可能と報じられてきた。しかしロジャース監督は「彼が試合に出場する時期は明確に決まっていない」と具体的な復帰のめどについて明言を避けている。

 そして「戻ってきてからのダニエルはここ18ヶ月で最もシャープに見える。彼が復活すれば素晴らしいが、私は彼の負傷が治ったのかについて何も言えない」と完治に近づきながら再発のリスクを孕むエースストライカーの復帰を急がせない意向だ。

 代表ウィークによる中断前のウェストハム戦では3失点で完封負けを喫した。4試合を終えて7ポイントしか獲得できておらず、スロースタートを心配されているが、スターリッジの帰還は確実に追い風となる。

 ロジャース監督がどのタイミングで試合出場にゴーサインを出すか、序盤戦の成績にも大きな影響を及ぼしそうだ。

text by 編集部