葛根湯が効くという人と効かないという人がいますが、その違いはいったいどこにあるのでしょう?正しく使用すれば安全性と効果の高い葛根湯について紹介します。

漢方に即効性なんてあるの?

漢方といえば、長期服用することで効果がじわじわでてくる薬のイメージがありますよね。痛みや風邪などはすぐに治って欲しいですから、ついつい市販の医薬品(西洋薬)に頼ってしまいがちです。

一方、漢方は人間が持っている生命力や治癒力、抵抗力を正して(増やして)病気を治す薬。一般的に病院で処方されたり薬局に売っている医薬品は、対処療法といって悪さをしている菌やウイルスを抑制したり、痛みや痒みを感じる成分を減らしたりして症状を緩和していきます。そのため症状が即効で軽減するというメリットがあります。即効性のないと思われている漢方にも、実は即効性のあるものは多く、その代表が葛根湯。正しく服用すればすぐに症状を改善できるのです。

葛根湯は風邪のひきはじめに効く

葛根湯は、葛根というクズの根のほか、生姜の根、シナモン、ナツメ、マオウ、シャクヤク、カンゾウの7種の生薬が入っています。身体を温め血行を良くし、強烈な発汗を促し老廃物を除去してくれ、鎮痛効果もあるので首肩のコリや頭痛にもよく効くのです。こむらがえりを即時に治す効果もありますから、まさにスーパー漢方。

この特性から同じ風邪のひきはじめでも、ゾクゾクしたり頭痛がする風邪には効きますが、喉が痛い、鼻水が出るといった症状の風邪には効かないということがわかっています。また、もともと汗をかきやすい人が服用しても効果が出にくいことがあるようです。ゾクッとしたり頭痛が始まって「あっ、風邪かも」という時に、葛根湯を服用して早く休めば翌日には元気になっていることも多いのです。

葛根湯は白湯で飲み、長期服用しない

葛根湯はダラダラと飲んで効果が出るお薬ではありません。白湯に溶いて飲用すれば、しばらくするとポカポカしてきますので、その日はさっと休みましょう。その一回が勝負です。葛根湯が効くという人は、ほぼその流れで翌日にはケロッと治っているといいます。いかに早く吸収させるかが大切なので、空腹時にお湯で飲むことが大切。ドリンクタイプの場合は冷やさずに常温かお湯で割って飲みます。

副作用が少ないので、妊娠中でも飲むことができます(念のため主治医に相談が安心)。眠くなる成分も入っていないので、車の運転や仕事中でも大丈夫とされます。ただし汗をかきやすくなるので、かいたらこまめに拭き取りましょう。葛根湯を良く知って、風邪対策に役立ててくださいね。


writer:しゃけごはん