レアル・マドリーのラファエル・ベニテス監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーのラファエル・ベニテス監督が、マンチェスター・ユナイテッドと契約を延長したGKダビド・デ・ヘアについて言及した。11日、スペイン紙『スポルト』が報じている。

 今夏、デ・ヘア獲得で合意に達したマドリーとユナイテッドだが、書類の不備により破談に終わっていた。その後、ユナイテッドは同選手と2019年まで契約を延長したことを発表。事実上、マドリーのデ・ヘア獲得は消滅している。

 しかしながら、ベニテス監督はデ・ヘアに未練はないようで、「ケイラー(ナバス)は申し分ないね」と現戦力への信頼を強調した。

「ケイラーには大きな信頼を持っているよ。私はマドリーのGKたちと幸せだ」

 今夏、ケイラー・ナバスに加えてGKキコ・カシージャを獲得したマドリー。デ・ヘア獲得失敗は痛手だったものの、戦力は充実している。今回の移籍破談を悔やむことになるかどうかは、現戦力の活躍次第だ。

text by 編集部