石井正忠監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

日々の練習で解禁となった“ある行為”

 鹿島アントラーズの快進撃が止まらない。石井正忠新監督の緊急登板後に始まった連勝は「6」に伸び、セカンドステージの首位を走っている。ファーストステージで8位に甘んじ、トニーニョ・セレーゾ前監督の解任に踏み切った名門軍団が鮮やかなる「V字回復」を遂げた要因を探る。

ーーーーー

 トニーニョ・セレーゾ前監督の電撃解任と石井正忠コーチの新監督就任。7月21日を境にアントラーズに生じた変化は、チーム史上2人目の日本人監督のもとで綺麗に並べられた6個の白星だけではない。

 FC東京戦以降の6試合すべてに先発している選手は、GK曽ヶ端準、DF昌子源、DF山本脩斗の3人しかいない。対照的に3試合でわずか1勝と出遅れ、体制刷新をフロントに決断させたセカンドステージの序盤戦は8人もの選手が先発として固定されていた。

 これが何を意味するのか。突き詰めていくと、日々の練習で“ある行為”が解禁されたことに行き着く。ディフェンスリーダーの昌子が振り返る。

「セレーゾ監督は球際に関してかなりシビアで、スライディングタックルをするとすぐに笛を鳴らしてプレーが止められました。石井監督になってからは、変な話ですけどOKというか、普通にスライディングタックルをしています。そうすると紅白戦が公式戦に近い雰囲気になり、実際に試合で相手に球際で負けないプレーが戻ってきたんじゃないかと思っています」

 FC東京を3対0で一蹴して、2試合合計スコア5対2で準決勝進出を決めた6日のナビスコカップ準々決勝の第2レグ。勝因はアントラーズの選手たちがほとんどを制した、球際での競り合いだった。

 試合後の公式会見で球際における強さを問われた石井監督は、こんな言葉を残している。

「練習で常に求めていることなので、日頃の積み重ねが出たと思っています」

 セレーゾ監督がスライディングタックルを禁じていた理由は、いまとなっては定かではない。石井監督も昌子も「けがを恐れていたのでは」と推察するが、特に今シーズンのファーストステージにおいては、スライディングタックルに対して過去2シーズンよりもさらに神経質になっていたという。

日常茶飯事、伝統的ともなっていた鹿島の練習風景

 おそらくは、リーグ戦と平行してACLを戦う過密日程を考慮していたのだろう。しかし、ややもすると見逃してしまいがちな小さな変化も、積もり重なれば取り返しのつかない事態を招く。

 スライディングタックルが禁止されたということは、日々の練習から「激しさ」が失われることを意味すする。練習でできないことを、真剣勝負の舞台でやれと言われてもそう簡単には実践できない。

 J1でも屈指のハードワークで相手と対峙している松本山雅FCの反町康治監督は、『フットボールサミット第31回 雷鳥は頂を目指す』のインタビュー中でこう語っている。

「けがを恐れたら練習なんてできなくなる。けがをしたら、それまでの選手なんだよ。選手同士がぶつかって転んでも、俺は練習を中断したことは一度もない。トレーナーも余程のことがない限り、ピッチに入れない。倒れても助けてくれないとなると、人間って自然と立ち上がるものなんだよ。倒れたから助けますでは選手も甘えちゃう。その意味では、たくましさが生まれてきたよね」

 かつてはアントラーズも紅白戦などで激しく削り合い、それが昂じて罵り合いや取っ組み合いに至る光景が日常茶飯事だった。伝統といってもいいかもしれない。

 史上初のシーズン三冠を達成した2000年当時。第二次黄金期を迎えていたアントラーズに移籍してきたある選手が、目を丸くしながらこう語っていたことを思い出す。

「チームそのものがファミリーだけど、それだけじゃない。練習中のたとえばミニゲームでも、他のチームならばけがをしないようにどこか遠慮がちにするけど、ここでは常に激しくプレーする。そうしないと、アントラーズでは生き残っていけないんですね」

「一番は選手たちが変わったこと」

 スライディングタックルの解禁は、公式戦のピッチにおけるハードワークを復活させただけではない。チームメイトこそがもっとも身近なライバル。日々の練習から切磋琢磨が繰り返され、ポジションを勝ち取る競争原理が再び頭をもたげた結果として、石井新監督のもとで戦った6試合すべてで異なる先発メンバーが編成されたわけだ。

 1967年生まれの石井監督は、順天堂大学からNTT関東(現大宮アルディージャ)に入団。2シーズンにわたってプレーした後の1991年に、プロ化へ向けてチーム強化に着手していた住友金属工業蹴球団、現在にアントラーズに移籍する。

 当時は神様ジーコが電撃的な現役復帰を果たし、アマチュア体質が色濃く残っていたチームに本場ブラジルのプロ意識を注入していた時期。いぶし銀の輝きを放つ中盤として、1997年シーズンまでに94試合の出場歴を刻んだなかで、練習から激しさとタフネスさを求めるイズムを叩き込まれた。

 1998年シーズンこそアビスパ福岡でプレー。その年限りで現役を退いたが、1999年からはユースのコーチ、トップチームのフィジカルコーチおよびコーチとしてアントラーズに携わってきた。

 トップチームの監督を務めるのは今回が初めてとなる。それでも、創成期から紡がれてきたアントラーズの伝統を再び具現化させる上では、理想的な人材だったことになる。

 FC東京とのナビスコカップ準々決勝第2レグ後に、石井監督にスライディングタックルを解禁させた意図を聞いた。

「普通にサッカーで起こるプレーなので、それをちゃんと練習からやっていこうということ」

 温和な人柄を想像させる穏やかな口調。球際が強く、激しくなったと喜ぶ48歳の指揮官は、チームに変化が生じた理由について、「僕のアプローチじゃありません」と謙遜しながらこう続けた。

「一番は選手たちが変わったこと。意識を変えなきゃいけないと、彼らが感じたことだと思います」

どん底からの巻き返しを誓った決起集会

 セレーゾ監督の解任から一夜明けた7月22日。選手会長のDF西大伍が音頭を取り、選手だけの決起集会が急きょ行われている。場所は鹿嶋市内のブラジル料理店。午後からの練習を前に、トップチームに登録されている29人全員が集まって昼食をともにした。

シーズン途中で指揮官が解任されるのは史上2度目。セカンドステージ途中から、ゼ・マリオ監督に代わってジーコが総監督として指揮を執った1999年シーズン以来となる。事態の深刻さを痛感しているからこそ、危機感が選手たちを駆り立てた。

 どん底からの巻き返しを誓った決起集会の様子を、昌子が振り返る。

「夜だと家庭をもっている選手もいるので、わがままを言ってお昼の予定を全員に空けてもらいました。お昼ご飯を食べながら、若手から一番年上の先輩まで、29人全員がそのときに思っていたことを発言していきました」

 ファーストステージは6勝4分け7敗の8位に終わり、ACLもグループリーグで敗退した。セカンドステージに舞台を移しても、状況は変わらない。わずか2日前の7月20日には、松本山雅FCの球際の強さを含めたハードワークに根負けするような試合内容で苦杯をなめていた。

 オレたちはこんなものじゃないという思いが、ピークに達していたのだろう。

「鹿島は常にタイトルを狙っていかなければいけないチームだけど、監督が解任されたいま、まず求められるのは目の前の試合における結果だと思う」

 チームメイトに対して思いの丈を訴えた昌子は、決起集会で生まれた共通の思いをこう表現する。

「監督が代わっても、僕たち選手が変わらなければ意味がないということ」

選手たちの判断でフォーメーションを変更

 3対0で快勝して、連勝を「5」に伸ばした8月22日のモンテディオ山形戦。アントラーズは前半の途中で、フォーメーションをそれまでの「4‐4‐2」から「4‐2‐3‐1」に変更している。

 実は選手たちが自発的に考えて変えたと、昌子が打ち明ける。

「前半はかなり押し込まれていたので、僕とナオ(植田直通)の判断というか独断で変えました」

 決断が奏功したのか。前半終了間際に金崎が先制ゴールを決めて、迎えたハーフタイム。昌子からフォーメーションを変えた理由を説明された石井監督は、こんな言葉を返している。

「その時々にお前たちが感じたことを、お前たち自身が発信していっていい」

 後半に2ゴールを追加したモンテディオ戦を、昌子があらためて振り返る。

「プレーするのはもちろん僕たち選手ですけど、セレーゾ監督はどちらかと言えば外から大きな声で僕たちに指示を出してくれていました。その意味では、選手たちの発信でプレーができていなかったことが大きな違いだったのかもしれません」

 3位に食い込んだ昨シーズンは、2点差以上の勝利を手にすれば逆転優勝できる状況で最終節を迎えた。フロントから世代交代を託されたセレーゾ監督のもとで、若手も確実に成長していた。

ハードワークへの意識とチーム内の競争原理が覚醒

 順調な軌跡を描いていても些細なことからリズムが狂い、エアポケットに陥ってしまうのがサッカーの怖さでもある。リーグ最多の16個のタイトルを獲得しながら、2013年シーズン以降は無冠が続いているアントラーズにおいては、停滞することはもはや許されなかった。

 アントラーズの一員になると同時に伝統を受け継ぎ、未来へ託す役割を背負っているからこそ、昌子は自分たちのふがいなさを素直に認める。

「強い鹿島が戻ってきたと周りの人は思うかもしれませんけど、強い鹿島というのは僕たちの大先輩、レジェンドの方々が築いた時代。いまいる29人は何も成し得ていないし、言うたら強い鹿島を壊してしまったのは僕たちとなる。常勝軍団とも呼ばれなくってきていますし、せっかく先輩方が築いてくれた鹿島という伝統あるクラブを、僕たちが復活させなければ意味がないと思っています」

 スライディングタックル解禁が、ハードワークへの意識とチーム内の競争原理を覚醒させた。何よりも指揮官の交代劇が、選手たちの心に危機感と自立する意識を芽生えさせた。

 もともと地力のあるアントラーズのなかで、これらの要素が相乗効果を生み出した結果が破竹の6連勝となる。いわば必然に導かれた復活への序曲。

 選手たちの心身が充実しているいま現在の状態を考えれば、セカンドステージを熱く彩る快進撃は決して一過性のものではないはずだ。

text by 藤江直人