マッツ・フンメルス【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「トゥヘルの最も大きな心配事」を払拭

 開幕から3連勝とスタートダッシュに成功したドルトムント。攻撃面が機能しているが、守備面でも失点わずか1と安定感を見せている。その大きな要因となっているのがDFマッツ・フンメルスの存在。さらに、ロイスが語るチームの変化とは。

ーーーーーー

 ボルシア・ドルトムントは「再生」した。少なくともローター・マテウス氏は、そう考えている。2015年9月9日付の『シュポルトビルト』誌に対して、90年W杯の世界王者は「トゥヘルの下でドルトムントは再び本物のバイエルン・ハンターとなりうるだろう」と述べた。

 そして「カガワとムヒタリヤンはオーバメヤンとロイスとともに素晴らしい攻撃カルテットを形成する」と、マテウス氏も“ファンタスティック4”に言及する。

 一方で、失点数の少なさも際立つ。ここまで3試合を終えて1失点と、バイエルンと並びブンデスリーガではトップの成績だ。まだ3試合を終えたに過ぎない。しかし10日付の『キッカー』誌によれば、「開幕に当たってトゥヘルの最も大きな心配事は彼のチームのディフェンスの安定性だった」という。

 昨季は最終節を終えて42失点と、18失点で終えた王者バイエルンに比べてドルトムントは2倍以上の失点を喫している。CBのフンメルスは、ブラジルW杯の決勝でメッシ率いるアルゼンチンと死闘を演じたことで、燃え尽き症候群にかかってしまったかのようだった。

 しかし14年W杯の世界王者は「再生」する。新たなシーズンで、フンメルスは輝きを取り戻した。8月30日のヘルタ・ベルリン戦では原口元気のワンチャンスをきっちり潰すなど、抜け目はない。

 原口は「駆け引きが上手だというか、負けてしまいましたね」と舌を巻いた。『キッカー』誌は、第2節と第3節のベストイレブンに選出する。香川たちが得点を重ねる背景には、「トゥヘルの最も大きな心配事」を払拭した好調のCBの存在があるのだ。

香川、トゥヘル体制での役割は「8番」

 もっとも、フンメルスが1人でBVBのディフェンスを支えているわけではない。『シュポルトビルト』誌に対してロイスが言う。

「僕たちは適切で良いバランスを見つけた。チーム全体が攻撃して守備をする。誰もが良い仕事をする」

 主将の貢献はもちろんのこと、ドルトムントそのものが、抜け目のない存在になりつつある。リーグ再開の初戦となる12日のハノーファー戦で、ドルトムントは「再生」する姿を確かなものとすることができるか。

 10日付の『キッカー』誌による、ハノーファー戦のBVBの先発予想は次のとおり。

【GK】ビュルキ、【DF】ギンター、ソクラティス、フンメルス、シュメルツァー、【MF】バイグル、ギュンドアン、香川、ロイス(ヤヌザイ)、ムヒタリヤン、【FW】オーバメヤン。

 10付の『キッカー』誌はロイスを先発と予想したが、11日の時点でトゥヘルは「彼はコンディションが十分ではないようだ」と表明した。ハノーファー戦には帯同しない予定だ。

 そこで()で記された新戦力ヤヌザイの先発の可能性についてだが、トゥヘルは「強力なアタッキング・シチュエーションを創り出すことができる」と能力を認めながらも、「まだ素早い守備への切り替えに慣れる必要がある」といった課題を指摘している。ここは再びコンディションを整えつつあるラモスが先発となるかもしれない。

 香川真司は先発の予想となっている。トゥヘル体制で香川は「8番」の色合いが強い。先発となれば、「守備」と「攻撃」の「適切で良いバランス」を見つけながら、ハノーファーでBVBの戦いに貢献するだろう。

text by 本田千尋