並べると巨大化してきたことが分かる(画像はアップル公式サイトから)

写真拡大

「やっぱり6sはサイズ6といっしょか」「iPhone6s結局5sと同じサイズ出ないのね・・・」。アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)6s」(2015年9月25日発売)が発表され、そのスペックが明らかになると、ツイッターにはため息がもれた。

一部ユーザーを憂うつにさせたのは、そのサイズだ。6sは4.7インチ(約11.9センチ)、6sプラスは5.5インチ(約14センチ)で現行モデルの6、6プラスと同じディスプレーの大きさだ。初期の3〜4インチからいまや5インチ台後半が主流になり、手が小さい人や女性からは「指が届かない」といった不満がこぼれている。

最新機種は5.5インチ以上が当たり前

2008年7月に日本で初めて発売されたアイフォーンシリーズ「3G」は3.5インチだった。その後「4」「4s」は同じサイズだったが、12年9月発売の「5」で4インチになった。14年9月発売の「6」の4.7インチ、「6プラス」の5.5インチと巨大化が続いている。

ディスプレーが大きくなったのはアイフォーンだけではない。サムスンのギャラクシー、ソニーのエクスペリアも同様だ。ギャラクシーは「S」(2010年発売)の4インチから「S6 エッジプラス」(日本未発売)の5.7インチへ大型化。エクスペリアも「X10」(10年発売)の4インチから「Z5プレミアム」(日本未発売)の5.5インチに大きくなった。初期の3〜4インチ台から、最新機種は5.5インチ以上が当たり前になっている。

スマホの巨大化にはメーカーのどういう思惑があるのか。サムスンの申宗均(シン・ジョンギュン)社長は2015年8月13日の「S6エッジプラス」発表会見で、メールや映画観賞に向いているとアピールした。スマホで動画を見たり、ゲームをしたりするユーザーの取り込みが狙いにあるようだ。

女性中心に「大きすぎる」の声

狙い通り、スマホの巨大化について

「ゲームしたり動画観たりにはいいかも」
「大画面化に否定的でしたがゲーム機として考えると大きいのが欲しい」

と歓迎する意見もツイッターに書かれている。

ただ、大きくなりすぎて「端まで指が届かない」とする声は女性を中心に根強い。「ポケットから頻繁に出し入れするから、大きすぎると不都合」という書き込みもある。

またスマホゲーマーの中にも「ゲームしてるとき見られたら恥ずかしいから画面は小さくていい・・・」といった意見があった。