ええぇ和菓子じゃないの!? 仙台・笹かまの老舗から秋モチーフのかまぼこが登場 / 今年はおうちで紅葉狩りしちゃおっ

写真拡大


仙台土産といえば「笹かま」!! 渋〜いけどおいしくてパクパク食べちゃいますよねっ。そんな笹かまの名づけ親といわれる仙台の老舗「阿部蒲鉾店」から、秋限定の風情あふれる商品「里の秋」が届きました〜。

「もみじ」に「柿」に「きのこ」に「栗」。ひゃあぁぁ上品な和菓子! って、違う、違う、なんとコレ、かまぼこなんです〜。

かまぼこ屋さんなんだから当たり前なんですが、でもこの美しさ、ビックリでしょう。しかも、製法やこだわりを聞けば聞くほどおいしそうなんです!! 一体どんなかまぼこなのかと言うと……。

【多彩な食材で秋の味覚を表現】

まず「きのこ」は、香り豊かな松茸を練り込んでほんのり焼き色をつけて、とってもかわいく仕上がっています。「柿」は、スモークチーズを混ぜて、実の部分はパプリカで、葉の部分はホウレンソウで色づけされているそう。どうりで鮮やかですね。「もみじ」は、バターでまろやかな風味で味つけ。焼き色が食欲をそそりますよね。

【栗のイガイガは!?】

そしてもう1つ、なかでもひときわ目を引くのが「栗」。「里の秋」は国家検定・かまぼこ技能士に合格した職人さんが一つひとつ丁寧に手作りしてるそうなんですが、特に栗は職人技炸裂ですっ。

栗のベースはあずきあん入りのかまぼこで栗の甘露煮を包んで、イガイガは茶そうめんで表現。1本1本、手でまぶしてるんですって。できあがりはまるで本物の栗みたい〜。職人さん、すごっ!

【上質なすり身で素材にもこだわり】

見た目だけじゃなくて素材にもこだわってます。使っているのは上級グレードのすり身のみ。魚の旨みがしっかり感じられる上品な味わいが特徴です。

おやつやお茶うけはもちろん、酒好き女子の皆さんは、そう! お酒のつまみにもきっと合う、合う〜。楽しい飲み会ができそうですっ。

【敬老の日のお祝いにも】

「里の秋」は、六角形の木目調の箱にきれいに並べられ、秋らしい風呂敷に包んで届きますので、プレゼントにもピッタリです。今なら敬老の日の贈り物にもオススメ!! 友達や家族の集まりに取り寄せて、おいしいもみじ狩りを楽しむのもいいですね。

ご紹介した「里の秋」は4種計13個入って2376円。同店の人気商品との組み合わせも用意されています。販売期間は9月11日〜10月25日。通信販売の注文受付は10月22日まで。販売数に限りがありますのでお早めに。ホッと心かなごんじゃうステキなかまぼこ、いかがですか。

参照元:PR TIMES 阿部蒲鉾店
執筆=シナモン (c)Pouch

画像をもっと見る