岩田寛がまたやった。来季の米ツアーシード権をかけたウェブドットコムツアーファイナルズ初戦となる「ホテルフィットネス選手権」2日目。初日1オーバーの85位タイと大きく出遅れていた岩田だったが、2日目は9バーディ・1ボギーの“64”を叩き出しトータル7アンダーの5位タイに急浮上。岩田はメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」でも初日に123位と出遅れながら2日目にメジャー史上最小タイ記録となる“63”をマークするなどして注目を集めたが、世界レベルの爆発力をまたも見せつけた。
PGA選手権で多くの注目を集めた岩田寛
 OUTコースから出た岩田は1番でボギーを叩くも、直後の2番パー5でバーディを奪って即座に取り戻すと、5番、8番でもバーディを奪い2つスコアを伸ばしてハーフターン。すると後半は10番から怒涛の4連続バーディ。14番はパーとしたものの15番、16番もスコアを伸ばしバーディトレインをつなげて、この日ベストスコアタイをマーク。首位とは4打差。優勝も射程圏内に入れて週末を迎えることとなる。
 ウェブドットコムツアーファイナルズは、FedExカップ126位から200位までの選手と、下部ウェブドットコムツアー賞金ランク75位までの選手が出場。全4試合を戦い、すでに来季のツアーカードを取得しているウェブドットコムツアー賞金ランク上位25選手を除いたランキング上位25名に来季のPGAツアー出場権が与えられる。岩田は昨年のHSBC選手権3位などでツアーメンバー外ながら想定のFedExカップポイントを積み上げてこのツアーファイナルズへの出場権を得ていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>