長期離脱するベルギー代表GKティボー・クルトワ【写真:Getty Images】

写真拡大

 チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが練習中に膝を負傷した件で、手術を受けるため長期離脱することが明らかになった。11日のアメリカ『ESPN』が報じている。

 代表戦が終了しクラブに戻ったクルトワは、チーム練習中に膝を負傷する怪我を負っていた。詳細は明らかになっていないが、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が会見の中で長期離脱の可能性を示唆している。

「クルトワはゴールキーパー練習をしているときに負傷したが、私は多くのことを話すことはできない。だが、彼が膝の手術を必要としていることだけは明らかだ」

 同紙によると、10週間から12週間の離脱を余儀なくされるとしている。当分の間はGKアスミル・ベゴビッチが先発で起用されることになりそうだ。チェルシーは現在13位につけており苦しい状況に追い込まれているが、さらに追い討ちをかける事態となってしまった。

text by 編集部