Doctors Me(ドクターズミー)- 大人のあせも…どう対策したらいい?

写真拡大

今年も猛暑が続いた日本。暑い中で汗をかくことによってあせもができるのは子どもだけではありません。大人でもあせもができる人はたくさんいるのです。今回は、そんな大人のあせもについて、医師に伺いました。

汗疹(あせも)の原因

汗疹の原因は、ヒフに存在する汗腺(汗の出る穴)が、汗をたくさんかくことによって詰まってしまうことで引き起こされるといわれています。
汗腺に汗が詰まると、ヒフの中に汗がたまった状態になり、その結果、ぷつぷつした発疹が出てしまったり、炎症を起こして赤くなる、あるいはかゆくなったりしてしまうのです。

汗腺に汗がつまりやすい人の特徴

本来、肌には外からの刺激から守るバリア機能がありますが、乾燥などによって肌が弱っていると、この機能がうまく働かなくなってしまいます。このような状態では、うまく汗を発散できず、汗疹になりやすいといえます。敏感肌やアトピー性皮膚炎のある方も同様です。
また、皮脂の多い人や、にきびのできやすい方も、汗の出る穴がつまりやすくなってしまうため、汗疹ができやすいといわれています。

衣服などの環境も汗疹の要因に

通気性がよくない、あるいは吸水性がよくない生地の服を着ていると汗疹になります。 また、大人は汗をかいた後に着替えることができない状況も多く、その環境も汗疹を引き起こしやすいといえるでしょう。

大人の汗疹対策

汗疹を防ぎ、改善させるためには、汗をかいた後は、できるだけ早く肌をきれいにし、その状態を保つことが大切です。 可能であれば、汗をかいた後はすぐにぬるめのシャワーを浴びるのが効果的です。 それが難しい場合は、汗をかいた後に着替えができるといいですが、それさえも困難な場合は、清潔なぬれタオルや、ウェットティッシュなどで汗をふき取るのも有効です。その際こすらず、おさえるようにふきとりましょう。

医師からのアドバイス

汗疹が長引く…という方は、普段からヒフを健康に保つことを心がけることも大切です。しっかり石鹸を使って洗い、適度に皮脂を落としつつも、しっかりと保湿をするといったスキンケアも抜かりなく!

(監修:Doctors Me 医師)