夏の疲れを引きずる秋バテに用心! 【IWJImageWorksJapan/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 「なんとなく調子悪くてさぁ、ここんとこ忙しかったからなぁ」

 電車の中で働き盛りサラリーマンの、こんな会話を耳にすることがある。確かに見渡すと、マスクをしている人も増えてきた。夏が終わっても「なんとなく不調」で元気がでない、あまり食欲もない......。

 そんなあなたは、「夏バテ」が「秋バテ」へと尾を引いているのかもしれない?!

 次のような調査結果が出た。アンケートサイト「Qzoo」を運営するゲイン(東京都港区)が、首都圏に住む20〜50代の男女800人を対象に、「夏の不調と秋バテに関する調査」を実施。その結果、猛暑が過ぎても夏バテの症状が治まらない、食欲不振、全身の疲労感、だるい、無気力感が続く、いわゆる「秋バテ」を経験した人が52.8%に及ぶという。

9月が最も多く半数以上が"秋バテ"

 なかでも30代の秋バテ経験者は、なんと61.4%。夏バテが解消する時期は9月が最も多く42.5%、10月以降に解消する8.9%を含めると、半数以上が秋バテを経験。ほぼ2人に1人が秋まで体調不良を持ち越していることになる。夏バテ時の食事は冷たい麺やサラダなどさっぱり系になり、「栄養のバランスが偏っている」と感じている人は71.5%もいる。

 しかし、夏バテで体調不良を実感しても具体的な対策をとった人は、女性で20.3%、男性に至っては12.2%と少なく、全体では約8割が夏バテに対して何ら対策を講じていないことも判明した。

秋バテ克服は生活習慣の見直しから

 秋バテは暑い時季の体調不良(体がだるい、食欲がない、下痢などの症状)に何の対策もせずにやり過ごした結果、症状が慢性化するものと考えられる。暑さが落ち着いた9月、10月も、食欲不振や体の疲れ、クーラーによる冷房病、複合的な症状からめまいなども起こりやすいとも言われる。
 
 猛暑でダメージを受けた体は免疫力も落ちている。そこにきて9月後半ごろから朝夕と昼の気温の変化に体が順応できなくなる。すると生体の恒常性を保っているホメオシスタス(生命維持機構)が働かなくなる。これが風邪など病気を引き起こす原因となるメカニズムだ。

これからの体調管理に欠かせない"ミッション"

 今からでも遅くはない、秋バテ克服に取り組もう。

 よく言われるのが、生活習慣の見直し。〃酳造澆世夜更かしなしの規則正しい生活を。体を動かす。一日中パソコンに向かっている、事務作業に追われているデスクワーカーは、時間を決めて体を動かすこと。仕事の合間にストレッチ体操などを。F浴でリラックス。1日の疲れを解きほぐすのがお風呂タイム。ストレスを発散させる緊張と弛緩のバランスは大事だ。

 食生活では、.轡腑Εやネギ、唐辛子を活用したメニューで体を温める。体を冷やさないことがこれからの季節の体調管理には欠かせないミッション。▲咼織潺B群の摂取。B1を含む豚肉やカツオ、B6が豊富な豆類もオススメ。

 厳寒の冬に向けて免疫力アップ、病気にならない体づくりは、今がチャンスだ。
(文=編集部)