契約延長をしたスペイン代表GKダビド・デ・ヘア【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドは11日、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアと4年間の契約延長を締結したことを発表した。

 デ・ヘアは2016年6月で契約が切れる予定だったが、契約延長により2019年6月まで期間をのばしており、さらに1年間の契約延長オプションがついている。今夏には書類上の不手際でレアル・マドリーへの移籍が破談していた。その後はユナイテッドに残り、チャンピオンズリーグ(CL)の参加登録メンバーにも選ばれている。

 オフィシャルサイトを通じてデ・ヘアは「僕はユナイテッドのキャリアの中で、新しい章をスタートすることができて嬉しい。僕はいつも素晴らしいファンの前で、偉大な選手たちと共に試合できることを楽しみにしている」と語り、今後に向けた抱負を述べている。

「マンチェスター・ユナイテッドは僕にとって特別なクラブで、オールド・トラフィードは僕が今後も成長していく上で理想的な場所だよ」

 デ・ヘアは昨季公式戦43試合に出場。今季はリーグ戦で未だ出場がないものの、12日のリバプール戦では先発出場の可能性が報じられている。新たに契約延長をしたデ・ヘアは、再び輝きを取り戻すことはできるのだろうか。

text by 編集部