ビール酵母やパン酵母など、なにかと耳にする機会が多い酵母。酵母は自然界のいたる所に存在する微生物で、キノコと同じ菌類に属します。酵母には人間に必要な栄養素がいっぱい。ここでは、酵母の働きと酵母を摂ることができる食品をご紹介します。

酵母の働きは食品の発酵。酵母に含まれる栄養素は?

酵母には食品を発酵させる働きがあります。発酵の過程では、糖質を分解して炭酸ガスが放出されます。炭酸ガスを利用してパン生地を発酵させるのがパン酵母、糖質を分解する時にアルコールが発生するのを利用しているのがビールの醸造です。ところが、パンやビールを食べたり飲んだりしても、酵母が摂れるわけではありません。これはパンやビールが酵母の力を借りて作られたものであるからです。酵母に含まれる栄養素は、タンパク質、ビタミンB群、葉酸、ビタミンD、アミノ酸、ミネラルなど。実に豊富な栄養がいっぱいだと思いませんか?

酵母の栄養で期待できる健康効果は?

栄養が豊富な酵素を食べることでいろいろな健康効果が期待できます。

免疫力を向上させる

酵母にはキノコと同じようにβグルカンという成分が豊富。体内でタンパク質と結びついて、免疫力をアップさせる働きがあります。不溶性食物繊維の一種でもあるので、血糖値の急上昇を抑える働きもあります。

ビタミンB群の働きで疲労回復

ビタミンB群には糖質や脂質、タンパク質などの代謝を促進する働きがあります。酵母を食べておけば、エネルギーが切れてバテバテなんてこともなくなりますよ!

生活習慣病の予防にも効果的

酵母には、血管を柔軟にしたり血栓を溶かす働きがあります。動脈硬化や高血圧などの生活習慣病が気になる方も、酵母のパワーを活用しましょう。

酵母がいっぱいの食品を食生活に取り入れて

酵母は、漬物や納豆、乳製品、酒粕など発酵食品や、山芋、ジャガイモ、ニンジン、リンゴなどの野菜に多く含まれています。普段の食事でも比較的食べやすい食品が多いのではないでしょうか? これらの食品を意識して食べれば、比較的簡単に酵母を摂取することができますが、酵母には熱に弱いという特徴もあります。60℃の温度でも2〜3分で死滅し始めるようになるので、酵母のパワーを活かしたい時は、加熱せずに生で食べたり加熱しすぎに注意して食べるようにしましょう。


writer:岩田かほり