ベトナム代表の三浦俊也監督(写真提供:ベトナムフットボールダイジェスト)

写真拡大

 ベトナムのスポーツサイト『Thethao247』は8日、ロシアワールドカップ・アジア二次予選の第2戦、ベトナム代表と台湾代表の試合終了後、ベトナム代表の三浦俊也監督の支持率をファンにアンケート調査した。それによると、6割以上のファンが解任を望むと回答している。

 試合は、ベトナムが後半アディショナルタイムの決勝弾により2-1で勝利し、アウェイで貴重な勝ち点3をものにしたが、ファンの評価は厳しいものだった。三浦監督は、昨年の代表監督就任以降、国際大会で次々と結果を残してサポーターの信頼を勝ち取ってきたが、現在は厳しい立場に置かれている。

 同メディアが実施したアンケート結果によると、「三浦監督を解任すべき」と回答した人が1万3756人で全体の64%を占め、「三浦監督を続投させるべき」と回答した人は7870人で全体の36%に留まった。

 多くのファンの意見としては、「ベトナム代表は、世代交代の過渡期にあるとはいえ、多くの優秀な選手を擁しており、試合内容、結果共に物足りない」というものがある。

 辛口コメントで知られる評論家のレ・トゥイ・ハイ氏をはじめ、国内の専門家らも厳しい意見を述べている。ベトナムサッカー連盟(VFF)副会長でもあるドアン・グエン・ドゥック氏は、「過去の外国人監督の中で最低」とまで語っている。

 ファンの支持率が急激に下がってはいるものの、10月にはアジア二次予選の重要なホーム2連戦であるイラク戦(8日)とタイ戦(13日)が控えているため、VFFは三浦監督を続投させる方針だ。しかし、地元メディアはこの2試合の結果次第では指揮官交代もあり得ると見ている。

text by ベトナムフットボールダイジェスト