いよいよ、コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)にとって現役最後になるかもしれないシーズンがやってくる。今年8月に37歳の誕生日を迎え、NBAで19シーズンを戦ってきたコービーは、少し前から引退が近いことを示唆する発言をするようになった。レイカーズとの現契約も、10月から始まる2015−16シーズンが最終年。延長する可能性もないわけではないが、20シーズン目を終えたところで、現役生活にひと区切りつける可能性は高い。

 6月下旬、ケーブルテレビ局『BET』の公開トークショーで、次のシーズンが現役最後となる可能性について聞かれたコービーは、「そうなるかもしれない」と言った。その瞬間、会場のファンからは一斉に、「辞めないでほしい」との思いがこもった「ノーーーー」の声が挙がった。すると、コービーはこう続けた。

「そう言っても、いつかは現役引退しなくてはいけないんだよ。僕はベンジャミン・バトンではないのだから」

 ベンジャミン・バトンとは、アメリカで2008年に公開された映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の主人公。80歳の状態で生まれ、年を重ねるに従って若返るという設定の人物だ。映画やドキュメンタリー番組を幅広く見て、そこから選手としてのインスピレーションを得ることが多いコービーならではのコメントだ。30代後半となり、試合を戦うたびに痛む身体をアイシングのため氷水に入れるとき、「ベンジャミン・バトンのように若返ることができたら......」と想像することもあるのだろうか。

 それでも、次のシーズンが現役最後になる「かもしれない」と、はっきりしない書き方をしたのは、コービー自身が気持ちをまだ完全に固めたわけではないからだ。

 先ほどの発言に続けて、コービーはこうも言っている。

「そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。わからない。シーズンが終わったときに、またもう一度やりたいと感じればやるし、そうでなければやらない。おおげさに騒ぐつもりはない。(引退のときがくれば)前に進む準備はできている」

 8月になって、『Yahoo!』の記者のインタビューを受けたときも、その姿勢は変わっていなかった。

「まだ何もはっきり決めてはいない。最後のシーズンになる可能性があるのは確かだ。決めるのは、すごく難しい。(引退した)選手たちに聞いたら、『コービー、そのときがくればわかるよ』と言われた」

 引退のときが自分でわかる瞬間――。それは、選手にとっては残酷な現実を突きつけられるときなのかもしれない。身体が気持ちについていけないとき、あるいは逆に、気持ちの上でこれまでと同じだけの頑張りができなくなったと気づいたとき......。はたしてコービーにも、そんなときが来るのだろうか。

『Yahoo!』のインタビューで、コービーはこうも言っている。

「(引退するかどうかの判断は)シンプルに考えるようにしている。バスケットボールをすること――そのための準備するプロセスが好きか、そうでないか。ただ、その判断を下すのは、シーズンの後でなくてはいけないと思っている。シーズン前にそれを決めるのは難しい」

 自分自身が納得できるようなレベルのプレーをするために、コービーは長い時間をかけて準備している。それは単に、オフシーズンのトレーニングによる身体づくりや、スキルの練習だけでなく、シーズンが始まってからは練習や試合が終わるごとに全身をアイシングし、トリートメントを受け、次の試合が始まるときまでに身体を回復させて、戦う準備ができるように整える。来る日も来る日も、1日24時間を、試合の準備のために使う......。口で言うほど、簡単なことではない。

 冒頭で、「コービーもベンジャミン・バトンのように若返ることができたらと想像することはあるのだろうか」と書いたが、実際のところ、彼は意外なほど現実主義者な一面を持っている。若返ったらどうなるのだろうか......と想像することはあるかもしれないけれど、現実的にありえないことを渇望するタイプではない。

 2年前の2013年4月にアキレス腱を断裂したときや、今年1月に肩の手術を受けなくてはいけないとわかったときですら、現実を受け入れ、その状況で自分が何をしなくてはいけないかを真っ先に考え、気持ちを切り替えていた。そうやって、後ろを振り返ることなく、常に目の前にあるチャレンジにだけ集中するメンタリティを持っているからこそ、19年間にもわたってトップレベルでプレーし続けることができたのかもしれない。

 そんなコービーにとって、引退を前にした今シーズンは、これまでとは違うチャレンジが待ち構えている。選手として根底を流れる、飽くなき勝利への欲求の一方で、愛着あるレイカーズの将来を託すことができる若手選手たちの成長を助けたいという気持ち......。そのふたつとどのようにバランスを取り、納得できるシーズンを送ることができるのか。端(はな)から無理だと断言する人もいる。確かにコービーは、若手が実力を発揮できるように、自ら一歩引いてプレーするようなタイプではない。

 それでも、この数年の彼は自分ひとりだけでなく、まわりの若手選手たちの成長に楽しみを感じているようだ。若いころのような孤高のエースではなく、成長したいという気持ちを持つ若手に対して、「自分の学んだことを伝えたい、成長を助けたい」との思いが少しずつ強くなってきたように見える。

 たとえば、今季のレイカーズで最年少(19歳)のルーキー、デアンジェロ・ラッセルが生まれたのは、コービーがレイカーズにドラフト指名される4ヶ月前だ。ふたりの年の差は、17歳半も開いている。ラッセルがレイカーズにドラフト指名された数日後、コービーはラッセルに電話をかけて「君のすばらしい話はたくさん聞いているよ」と伝え、レイカーズ入りを歓迎したという。ラッセルは「自分のメンターになっていろいろと教えてほしい。スポンジのように吸収したい」と、弟子入り志願している。

 もちろん、だからといって、20年目のシーズンがすべて順調に進む保証はない。むしろ、長いシーズンの間には、勝てないフラストレーションを見せることもあるだろう。NBA1年目や2年目の選手たちに頼らざるをえない今のレイカーズにとって、ウェスタン・カンファレンスは簡単な戦場ではない。37歳のコービーに毎試合、絶対的なエースを求めるのも無茶なことだ。万が一、プレーオフに出場することができたら大成功であり、優勝は遥か彼方だ。それでもコービーは、20年目のシーズンが楽しみで仕方ないという。

 8月末、かつてのチームメイト、シャキール・オニールのポッドキャストに出演したコービーは言った。

「若いときには、このリーグで20年やるなんて思ってもいなかった。シーズンに向けて準備を整えている。今シーズンが、本当に楽しみなんだ」

宮地陽子●文 text by Miyaji Yoko