写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アメリカ航空宇宙局(NASA)は9月11日(現地時間)、無人探査機「New Horizons」が7月に撮影した冥王星の画像を公開した。

同画像から冥王星に砂丘と思われるようなエリアや、窒素などが凍った氷の平原、いくつものクレーターが存在するなど、同惑星が多様な地形を有することがわかった。

特に、冥王星の大気は非常に薄いため、風によって形成される砂丘のような地形が発見されたことは研究者にとって驚きだったようで、同研究グループは「昔の冥王星が今よりも厚い大気を持っていたか、我々が発見できていない事象によるものだ」とコメントしている。