Jリーグ発足時から名を連ねる「オリジナル10(※)」のひとつで、ここまで一度も下部リーグに降格することなく、日本サッカー界をけん引してきた清水エスパルス。その"名門"クラブが今、厳しい戦いを続けている。
※Jリーグ発足時の10クラブのこと。鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド市原、浦和レッドダイヤモンズ、ヴェルディ川崎、横浜マリノス、横浜フリューゲルス、清水エスパルス、名古屋グランパス、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島(クラブ名は加盟当時の呼称)。

 昨季も降格危機に直面していた。最終戦で辛うじてJ1残留を決めたが、その流れを今季も変えられなかった。ファーストステージを最下位で終えると、セカンドステージも第9節終了時点で15位と低迷し、年間順位はJ2自動降格圏内の17位(勝ち点20)。J1残留ラインとなる年間15位のアルビレックス新潟とは、ついに勝ち点5差まで広がって、まさに後がない状況に追い込まれている。

 だが、最近の試合内容は決して悪くはない。セカンドステージ第5節終了後、クラブOBの大榎克己監督が低迷を理由に辞任。第6節から、田坂和昭ヘッドコーチが監督に昇格して指揮を執り始めると、状況が一変した。それまでは相手に押される時間が長かったが、ここ4試合はすべて相手を上回るシュート数を記録。第7節の新潟戦(1−1)、第9節のFC東京戦(1−1)はともに引き分けに終わったものの、終始相手を圧倒した。

 FC東京戦を見ていた清水OBの解説者も、その戦いぶりを絶賛。
「上位にいないのが不思議なほど(清水には)勢いがある。すべてがFC東京より上だった。降格させてはいけないチームだし、この試合を見る限り、それはないだろう」と、J1残留に太鼓判を押した。

 チームが上向きになった要因は、何より守備力の強化にある。

 昨年8月からチームを率いてきた大榎監督は、それ以前に比べて、攻撃面ではよりスムーズな展開を可能にした。「人もボールも動くサッカー」を目標に掲げて、前線に入るチャンスボールは確実に増えていった。しかしそれが、守備が手薄になる時間を増やす原因にもなった。さらに、今季途中から採用した3バックが、両サイドの深いスペースを敵に突かれる原因となり、一旦相手に主導権を握られると為すすべがなく、結果的に失点増加につながった。

 そうした状況には、DF陣からも不満の声が漏れていた。
「3バックだと、相手のカウンターの際に守備の枚数が足りなくなって、両サイドからフリーでクロスを上げさせてしまう場面が多い」

 そこで、田坂監督は、就任直後に3バックから4バックに変更。これにより、「サイドのスペースを埋めることができて、少なくともフリーで簡単にクロスを上げさせることはなくなった」と、守備面における不安が即解消し、田坂監督もホッと胸をなでおろした。

 また、田坂監督による"闘う姿勢"の徹底も、守備力の向上をもたらした。もともとセカンドステージ開幕前、ヘッドコーチに就任したときから「(清水の選手は)プロ選手に必要な"闘う姿勢"が十分ではない」と、対人練習には力を入れてきたが、その意識をさらに強化。

「(ボールを奪いに)一度行ってダメなら、また行かないといけない。守備があまりに淡白過ぎる。絶対に相手を止めてやる、という気持ちが足りない」と激しく檄を飛ばして、連日厳しい指導を繰り返してきた。

 その成果が、ここに来て結果にも表れてきた。J1リーグでは今季、全26試合消化して15試合で2失点以上を喫してきたが、田坂監督就任後は2失点を喫したのは1試合のみ。ここ3戦はすべて1失点以内に抑えている。

「(選手たちから)"闘う姿勢"が出てきたから、もう守備では大崩れすることはないだろうし、もっとやれると思う」(田坂監督)

 守備力アップについては、選手たちも自覚している。DF平岡康裕が言う。
「対人への守備は、チームとして徹底されてきたし、自分の役割もはっきりしてきた」

 そして、MF枝村匠馬は、守備の安定が攻撃面にいい影響をもたらしていると語る。
「守備が安定してきたことで、攻撃への展開もスムーズになってきた」

 攻撃においては、セカンドステージ途中から加入した期待の新戦力、元北朝鮮代表のFW鄭大世(チョン・テセ)が出場6試合目のFC東京戦で待望のゴールを決めたことも、今後に向けて明るい材料となった。

「ゴールしたことはホッとしているけど、チームを勝利に導けなかった......」と、鄭大世自身は悔やんだものの、「チームのムードメーカーだから、一発に重みがある。2点目、3点目を決めるときは、必ず勝利に結びつけてくれるだろう」と、DFカルフィン・ヨン・ア・ピンは今後の活躍に期待を膨らませる。クラブの幹部も、こう語って自信を見せた。

「鄭大世のゴールが、チームの勢いをさらに加速させてくれるはず。そして、(攻守ともに)底上げが図られたチームが、J1残留を決めてくれると信じている」

 リーグ戦は、残り8試合。清水にとっては、浦和レッズ、サンフレッチェ広島、柏レイソルといった上位陣に加えて、残留を争い、必死に向かってくる下位チームとの直接対決も待ち受けている。だが、田坂監督に不安や気負いはない。

「(厳しい対戦が続く)この危機感が、チームをさらに団結させた。これからは、戦術、闘う姿勢など、全選手が共通したイメージで臨める」

 日本一のサッカーどころの"顔"となって、23年を経過したオレンジ軍団。プライドを賭けた熾烈な戦いが最終節まで続く。

望月文夫●文 text by Mochizuki Fumio