【サイモン・クーパーのフットボールオンライン】移籍市場9の真実(前編)

 スポーツ経済学者のステファン・シマンスキーと僕は、共著『サッカーノミクス』(邦訳『「ジャパン」はなぜ負けるのか〜経済学が解明するサッカーの不条理』NHK出版)の中で、移籍市場を賢く使う方法と、金をドブに捨てるような愚かな使い方を分析した。この夏の動きからも、僕たちがたどり着いた「移籍市場の真実」が確認できる。いくつか例を見てみると──。

1 移籍金の高騰は、まったく理にかなっている

 選手の移籍金が5000万ポンド(約93億円)を超えると、「狂気のさた」だとか「節度がない」などと言われる。今のフットボール界にはバブルが生まれていると、多くの人が言う。でも、それは違う。むしろビッグクラブは、ようやく自分たちが出せる金額を出すようになったのだ。

 確かに移籍金は高騰している。国際監査法人のデロイトによれば、イングランド・プレミアリーグのクラブがこの夏の移籍市場に投じた金は総額で8億万7000ポンド(約1610億円)と、史上最高額にのぼった。

 だが、クラブの売り上げはもっと大幅に増えている。2013〜14シーズンには、プレミアリーグの全クラブが売り上げ増を記録した。最大の要因はテレビ放映権料の高騰だ。デロイトによるとプレミアリーグ全体では昨季、1998〜99シーズン以来初めて、税引き前利益を出している。

 クラブの売り上げは増え続けるだろう。来シーズンには、テレビ放映権収入がさらに70%増える。この増収分がすべて選手に使われるわけではない。クラブは大盤振る舞いをすることはなく、逆に今までになく財布のひもを固く締めている(利益を出している現在の動きをみても、それがわかる)。デロイトによれば、選手の年俸はクラブの収益よりも上昇幅が緩やかだ。

 しかし増収分の大半は、間違いなく移籍市場に使われる。この夏の移籍金の最高額は、マンチェスター・シティがケビン・デ・ブライネの獲得に使った5400万ポンド(約100億円)だったが、来年夏の最高額は8000万ポンド(約148億円)に達するかもしれない。

2 マン・シティ、PSG、ミラン、チェルシーのファンは喜んでいい

 億万長者が保有するクラブは、売り上げの伸びた分以上に支出を増やす余裕がある。UEFA(欧州サッカー連盟)が6月に「ファイナンシャル・フェアプレー」の規定を緩和し、金持ちがフットボールに投資しやすいようにしたためだ。

 UEFAがこの変更を発表したとき、僕はパリ・サンジェルマン(PSG)のGMジャン・クロード・ブランに会った。「今日は特別な日だ」と、彼はうれしそうに言ったものだ。

 UEFAの規定緩和で最も大きな恩恵を受けるPSGとマンチェスター・シティが、それぞれのリーグの第4節終了時点で無敗のまま首位に立っているのは、決して偶然ではない。デロイトによれば、シティはこの夏、イングランドのクラブとしては史上最高の1億6000万ポンド(約296億円)を使っている。

ミランは新たにタイ人実業家のビー・テチャウボンを共同オーナーに迎え、この夏の移籍市場ではバルセロナやレアル・マドリードよりも、そしてマンチェスター・シティを除くすべてのプレミアリーグのクラブよりも多額の投資を行なった。逆に億万長者のオーナーがいないアーセナルは、ファイナンシャル・フェアプレーの緩和前には持っていたと自負する移籍市場での競争力を失った。

3 ベンゲルは相変わらず移籍市場をうまく使えない

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督はストラスブール大学で経済学を学んでいるから、他のどのクラブの監督よりも金には詳しいだろう。おまけにベンゲルは、リーグでの成績を上げるには移籍市場で金を使うよりも選手の年俸を上げるほうが効果が高いという『サッカーノミクス』の基本原則も理解しているようだ(この原則が見いだされた大きな理由は、移籍してきた多くの選手が活躍できないためだ)。

 しかし、ベンゲルがもっと移籍市場で金を使えばアーセナルの成績は上がる(そして経営が危なくなることもない)というファンの言い分は正しい。アーセナルは2月の収支報告書で、1億3880万ポンド(約257億円)をキャッシュで持っていると発表した。ヨーロッパのクラブでは最高額だが、アーセナルはこの夏の移籍市場でフィールドプレーヤーを買わなかったヨーロッパで唯一のビッグクラブだった。ベンゲルはチームづくりのための決断を早めるべきだろう。

4 それでもベンゲルがGKを買ったのは正しい

 GKは、移籍市場で最も安く売り買いされるポジションだ。GKはチームの成績に大きく影響を及ぼすし、フィールドプレーヤーよりもキャリアが長いのに、なぜかそういうことになっている。アーセナルがペトル・チェフを1100万ポンド(約20億4000万円)で獲得したのは、安い買い物だった。

 一方、移籍市場で最も高いポジションはFWだ。そんなことを知っていても、マンチェスター・ユナイテッドが19歳のFWアントニー・マルシャルを3600万ポンド(約66億6000万円)で獲得した理由は説明しきれるものではない。

5 ベテランがクラブを去る前に後継者を育てておくべきだが、マンチェスター・ユナイテッドはその努力をしていない

 マンチェスター・ユナイテッドの監督だったアレックス・ファーガソンは2013年に出版した自伝で、世代交代を早めに進める必要性について書いている。「偉大な選手がクラブを離れることについては、非常に感傷的な思いを抱く。一方で私は、終わりに近づきつつある選手にはつねに注意を払っている。私の内なる声が、いつも問いかける。『あの選手はいつクラブを去るのか。いつまで働いてくれるのか』。経験から言えば、重要なポジションには若手選手を何人か育てて、準備しておかねばならない」

 ところがファーガソンが監督を務めた最後のシーズンから、ユナイテッドはこの姿勢を捨て去った。他のクラブに売る価値もほとんどなくなり、確かな後継者もいないままユナイテッドを去った選手には、ネマニャ・ビディッチ、リオ・ファーディナンド、ライアン・ギグス、ロビン・ファン・ペルシーなどがいる。ひょっとすると、次はウェイン・ルーニーかもしれない。現監督のルイス・ファン・ハールは昨年の就任以来、移籍市場に2億7800万ポンド(約514億円)を使っているが、ユナイテッドはいくつかのポジションが手薄なようにみえる。

 これと対照的なのが、チェルシーが2012年から静かに進めてきた主力選手の入れ替えだ。エデン・アザールにクルト・ズマ、ティボ・クルトゥワやセスク・ファブレガス、ジエゴ・コスタ、ネマニャ・マティッチ、ウィリアンなどがレギュラー格になり、ダビド・ルイスやフェルナンド・トーレス、フアン・マタ、ペトル・チェフ、フランク・ランパードなど、少し年上の選手がクラブを去った。しかしチェルシーはこの入れ替えの時期にも、マンチェスターに本拠を置くふたつのクラブより金を使っていない。

 チェルシーの昨季のリーグ制覇はジョゼ・モウリーニョ監督のプロフェッショナリズムのたまものであると同時に、オーナーであるロマン・アブラモビッチのシニアアドバイザーを務めるマリナ・グラノフスカヤと、テクニカルディレクターのマイケル・エメナロの功績でもある。

 注目すべきなのは、グラノフスカヤとエメナロが、フットボールクラブのオフィスにはほとんどいなかったタイプの人材だという点だ。グラノフスカヤは女性、エメナロは黒人男性だ。広範にわたる才能を抱えておくことは、フットボール界では競争力の向上につながるのかもしれない。
(つづく)

サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper  
森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki