タイで迎えた最終ホールで痛恨のミス、ティショットで右に(撮影:福田文平)

写真拡大

<片山晋呉インビテーショナルネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯 第1回戦◇11日◇恵庭CC(6,988ヤード・パー72)>
 「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」は第1回戦を行い、米ツアーシーズン終了により今大会に緊急参戦を決めた石川遼は、22歳、1学年下の堀川未来夢と対戦。最終ホールまでもつれた接戦を落とし、1ダウンで初戦敗退となった。
フォトギャラリーで1回戦を振り返る
 オールスクエアで迎えた18番。オナーで放った石川のティショットは大きく右に曲がり、ため息とともに林に消える痛恨の1打。それを見た堀川は「刻もうか…」と一瞬よぎった安全策を打ち消して、この日14ホール目となるドライバーを握り会心のフェアウェイキープ。石川が林から出すだけだったのに対し、セカンドをバーディチャンスにつけて勝負を決定づけた。
 最後は石川がパーパットを外したところで、握手を求めてコンシード。同組ラウンドはこの日が初めてだったものの、ジュニア時代から知る後輩に、「未来夢も安定したいいプレーをしていた。頑張って勝ち進んで欲しい」と最後はエールを送った。
 だが、ホールアウト後の表情には悔しさがにじんだ。「ショットも良くなかったし、パットも良くなかった。誰が相手でも簡単には行かないと思っていたし、実際そうなった」。実績では上をいく相手に金星を献上した悔しさよりも、自分のプレーが出来なかった苛立ちが大半を占める。ショットは最終ホールに象徴されるように右へのミスが目立ち、チャンスのパットもことごとく決めきれない。ミスの原因は「単に自分の技術不足だと思う」と言葉少なに切り捨てた。
 大会の規定により明日は1回戦で敗退した選手はプロアマ大会に出場する義務があるが、日曜からは道内で次週のへ向けて本格調整を行っていく。「普段のトーナメントよりもミスが多かったし、この感じではトーナメントでも良くないと思う」。一発勝負で見えた課題は24歳の誕生日に開幕するホスト大会「ANAオープン」につながるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>