写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で10日、秋イベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」(9月11日〜11月8日)のプレスプレビューが行われ、新登場のホラー・アトラクション「エイリアンVS.プレデター」をひと足早く体験。「エルム街の悪夢 〜THE NIGHT KILLER〜」にも潜入し、殺人鬼フレディの恐怖を味わった。

「エイリアンVS.プレデター」は、2大クリーチャーの戦闘を描く映画『エイリアンVS.プレデター』の世界を再現したウォークスルー・アトラクション。エイリアンの巣窟と化したラボとして、グロテスクな世界が再現された空間で、エイリアンとプレデターの闘いを目撃した。

そして、両者の闘いは、いつの間にかゲストである自分たちがターゲットの"狩り"へと変わり、攻撃を繰り出してくるエイリアンと神出鬼没なプレデターに追い込まれる恐怖を体感。不気味なラボを恐る恐る進み、突然の攻撃に「キャー!!」と悲鳴を上げながら逃げまどい、一緒に体験した参加者からも「怖い」「ヤバイ」といった声が上がっていた。

また、夢の中で人を襲う殺人鬼フレディを描いた映画『エルム街の悪夢』を再現したウォークスルー・アトラクション「エルム街の悪夢 〜THE NIGHT KILLER〜」にも潜入。少女ナンシーを助けるためにフレディの館に入り込み、フレディが前から後ろから襲い来る恐怖の世界を体感し、凶器となる鉄の爪で人に襲い掛かろうとするフレディを目の当たりにした。

今年の「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」は、夜はパーク史上最多9つのホラー・コンテンツが集結する「ハロウィーン・ホラー・ナイト」、昼は初開催の「コスチューム・パーティ #仮装で熱狂」や、今年ラストの「パレード・デ・カーニバル」を開催。「ハロウィーン・ホラー・ナイト」では、「エイリアンVS.プレデター」「エルム街の悪夢 〜THE NIGHT KILLER〜」のほか、シアター・ショー「学校の怪談」、パーク史上最恐の強要型インタラクティブ・メイズ「トラウマ〜最恐実験病棟〜」(有料)が初登場となる。

「ハロウィーン・ホラー・ナイト」開催日は、9月・11月の金・土・日・月・祝と、10月全日(10月29日を除く)。