「dynabook T67」

写真拡大

東芝は、ノートパソコン(PC)「dynabook(ダイナブック)」2015年秋冬モデル、「T95/T75/T55/T45」「T67」を9月18日、「T54」を10月下旬、11.6型モバイルノートPC「N61」を9月18日に、それぞれ順次発売する。

「Tシリーズ」は全モデルハイレゾ音源対応

「dynabook Tシリーズ」はCPU(プロセッサー)やストレージを強化した15.6型「T95/T75/T55/T45」に加え、2モデルを追加ラインアップ。「T67」は17.3型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載、CPUは「Core i5 5200U」、ストレージは1TB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)装備。「T54」は14型HD液晶(1366×768ドット)を搭載、CPUは「Core i3 5015U」、ストレージは750GB HDDを装備。いずれもOSは「Winows 10 Home」(64bit版)をプリインストール。全モデルがハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源対応。再生には別売の外付けDAC(デジタル・アナログ変換装置)やハイレゾ対応ヘッドホンが必要となる。

「dynabook N61」は、タッチ対応11.6型HD液晶(1366×768ドット)を搭載するコンバーチブルタイプ。360度回転ヒンジを備え、ディスプレイを裏側に折りたためばタブレットスタイルで利用可能だ。CPUは「Celeron N3050」、ストレージは500GB HDDを装備する。OSは「Windows 10 Home」(64bit版)をプリインストール。