鬼怒川の堤防決壊現場で、「とくダネ!」取材班は濁流にのまれた男性を救出した。きのう10日(2015年9月)午後6時過ぎ、茨城県常総市の様子を取材していると、「戻りなさい!」「戻りなさい!」という救助隊の怒鳴り声が飛び込んできた。怒声の先に目をやると、濁流の中に人の頭らしいものが見える。

カメラマン「あそこを見てください。人が流されています」

顎から下は水に浸かり、かろうじて頭だけが水の上に出ている状態だ。濁流に流されているため、浮き沈みしている。

浮き沈みする頭部

菊池大輔ディレクター「先ほどまで見えていたんですが、いま見えなくなってしまいました。カメラさん見えますか」

カメラマン「見えない」

取材スタッフのいる場所からおよそ50メートル先で、直接救助するわけにはいかない。上空にヘリコプターが飛んでいるが、流されている人に気づいてないらしい。菊池ディレクターが近くにいた人の持っていた赤色灯をヘリに向かって振り始めた。「ここに人がいます」という合図だ。それでもヘリは気づいてくれない。

スタッフは男性に向かって「手を振り続けてくださあい。頑張ってください」と声を掛ける。この声に勇気づけられたようだ。こっちに向かって手を振っている。発見から40分。周囲はさらに暗くなってきた。スタッフは撮影用の照明を男性にあててヘリに位置を知らせ、励まし続けた。

自宅に残された妻子救うため濁流へ

男性が泳ぎ始めた!

カメラマン「こっちに泳いできてる」

菊池ディレクター「無理しないで!」

男性は流されながらも泳ぎ続け、30メートル、20メートル、10メートルと近づいてくる。顔がハッキリを確認できるまでになり、スタッフはタオルや傘などつかまれるものを差し出し、菊池ディレクターが男性の手をつかんで、なんとか安全な場所まで引き上げた。スポーツが得意そうなガッチリした体格の30〜40代の男性だった。自宅に残された妻子を救うため濁流の中に自ら入っていったのだという。この後、家族の無事が確認された。