写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Knowlbo(ナルボ)は9月9日、クラウド勤怠管理システム「タイムカードEX」を9月28日にリリースすることを発表した。

本システムは、打刻からシフト管理、集計までをサポートするクラウド型の勤怠管理システム。ユーザーは専用の端末にICカードをタッチすることによって、打刻と日々の出退勤データを蓄積することができる。定期や社員証を打刻カードとして利用することも可能としている(ICカードのみ対応)。加えて、打刻時には「おはようございます」「いってらっしゃい」「お疲れさまでした」などの音声が反応し、打刻を楽しくするという。

日々のシフトを「画面入力」「Excelを使用した一括登録」機能で登録することによって、シフトの変更・調整、メンテナンスなどの「管理時間」を削減でき、ユーザーによる日々の経費、作業割合、日報などの情報入力や、蓄積された出退勤データを自動集計・表示することも可能だという。また、遅刻・早退、有給休暇などの情報を、月・年単位で管理できるとしている。

初期費用(導入サポート費、タッチ端末費)とユーザーごとの月額利用料という料金体系で、3つのプランが用意されている。スタッフ数名のオフィスや店舗に適した「エッセンシャル」プランは1ユーザーあたり月額300円、スタッフ50名ほどのオフィスに適した「スタンダード」プランは1ユーザーあたり月額400円、スタッフ100名以上のオフィスや店舗などに適した「プレミアム」プランは1ユーザーあたり月額500円となっている。1ユーザーあたり1機能200円で、同社グループウェア「OfficeView」の各機能が使用できるオプションも用意されている。価格は全て税別。

本システムはクラウドによるサービスのため、インストール不要ですぐに導入できるという。