左脚太ももを負傷したハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーが背番号「10」を失った。10日、クラブ公式サイトにてMFハメス・ロドリゲスが左脚太ももを負傷したことを発表している。

 ハメスは8日に行なわれた国際親善試合ペルー戦で左脚太ももを損傷。検査の結果、左大腿筋を損傷していることがわかっている。スペイン紙『マルカ』によれば、同選手は約1ヶ月の離脱となるとのこと。

 リーガ・エスパニョーラ第2節のベティス戦で2ゴール1アシストと驚異的なパフォーマンスを披露したハメス。エースであるFWクリスティアーノ・ロナウドが不調で同選手にかかる期待は大きかっただけに、マドリーにとっては痛い離脱となりそうだ。

text by 編集部