近頃、広く普及し始めている共通ポイントカードだが、実はどっさりポイントを貯めるテクニックがあるという。消費生活評論家の岩田昭男さんに話を聞いた。

 * * *
 コンビニやスーパー、ガソリンスタンド、DVDレンタル店など、いくつもの業種をまたいでポイントを貯めることができる、共通ポイントカード。現在、「Tポイント」「Pontaポイント」「楽天Rポイント」の3種が広く浸透しています。

 専用のカードを加盟店のレジに提示するだけで、100〜200円につき1ポイント貯まり、貯まったポイントは1ポイント=1円で利用できるというしくみです。ポイントは現金払い、クレジットカード払いのいずれでも貯めることができ、加盟店も増えて人気が高まっています。しかし、ぼんやりしていると、カードを出しそこねたりして貯まりが悪いのも実情です。

 そこで今回は、特定のクレジットカードを使って共通ポイントをどっさり貯める方法をご紹介しましょう。

 実は、共通ポイント別に、相性のいいクレジットカードがあります。Tポイントなら「Yahoo! JAPANカード」、Pontaポイントなら「JMBローソンPontaカードVISA」、楽天Rポイントなら「楽天PINKカード」などがそうです。

 これらのカードにはあらかじめ共通ポイントの機能が組み込まれているため、買い物するだけで自動的に目当てのポイントが貯められます。

 ほかにも、カードが1枚で済む、クレジットカードなので大きな買い物をしてたくさんの共通ポイントを獲得できる、常に通常の2〜3倍のポイントがつく、などの利点があります。

 たとえば、Yahoo! JAPANカードなら、クレジット利用時は、どこで買い物をしても100円(税抜)ごとにTポイントが1ポイント貯まり、Tポイント提携先ではTカード分のポイントを二重で獲得できます。さらに、ネットの買い物では、「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」の利用時にTポイントが3倍つきます。

 JMBローソンPontaカードVISAの場合、100円(税抜)につき2ポイントで、還元率2%という優れものです。また、ローソン以外では、1か月の利用代金1000円(税込)ごとに5ポイント貯まります。PontaポイントとJALマイルは相互交換が可能ですから、JALマイラーには見逃せないカードといえるでしょう。

 楽天PINKカードの場合、カード利用で通常100円につき1ポイント貯まり、楽天グループのサービスやキャンペーンを利用すれば2〜3倍のポイントが付与されます。女性向けのカードなので、旅行のクーポンや飲食店・映画観賞券などの割引特典もありますし、女性のための各種保険も揃っています。

※女性セブン2015年9月25日号