<エビアン選手権 初日◇10日◇エビアン・リゾートGC(6,453ヤード・パー71)>
 今季最後のメジャー大会『エビアン選手権』。日本勢は宮里藍、宮里美香、横峯さくら、上原彩子、野村敏京の5選手が出場しており、野村が1アンダー・17位タイと日本人最上位につけた。
 他4選手はオーバーパー発進と苦戦。上原、宮里美が3オーバー・72位タイ、宮里藍は4オーバー・80位タイ、そして横峯さくらが9オーバー・117位タイと大きく出遅れている。
 初日を終えて首位に立ったのは5アンダーでホールアウトしたイ・ミヒャン(韓国)とレクシー・トンプソン(米国)。連覇を目指すリディア・コは2アンダー発進と上々のスタートを切った。
 初日の順位は以下のとおり
1位T:イ・ミヒャン(-5)
1位T:レクシー・トンプソン(-5)
3位T:ゲリナ・ピラー(-4)
3位T:ジ・ウンヒ(-4)
3位T:ポーナノン・パットラム(-4)
6位T:フォン・シャンシャン(-3)ら6選手
17位T;野村敏京(-1)
70位T:宮里美香(+3)
70位T:上原彩子(+3)
80位T:宮里藍 (+4)
117位T:横峯さくら(+9)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【国内女子】服部真夕が首位発進!好調を支えるものとは?
【国内女子】ボミ、ティショット乱れ20位発進『こんなに悪いのは久しぶり』
【国内女子】2位Tの藤本麻子、難コース攻略に導いた“3パット”
渡邉彩香『デサントゴルフ』公式HPで“ゴルフへの情熱”語る!