ポケモンのスマホ向け新作発表、現実世界が舞台の「Pokemon GO」。

写真拡大

ポケモンは9月10日、Android/iOS端末向けの新サービス「Pokemon GO」を2016年にスタートすると発表した。

「Pokemon GO」は、位置情報を活用することにより現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルするといった体験をすることのできるゲーム。モニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会いながら楽しむことができる。

もともと「ポケットモンスター」シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきた。「Pokemon GO」はそんなポケモンの世界をさらに拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームだ。

基本プレイは無料、アイテム課金有りのサービスを予定している。

また、スマートフォンの画面を見続けなくても「Pokemon GO」を遊ぶことのできるデバイス「Pokemon GO Plus」も用意。Bluetooth Low Energyを用いてスマートフォンと連携し、近くにポケモンがいるといったゲーム情報を、ランプと振動で知らせる。そしてボタンを押すことでポケモンを捕まえるなどの基本操作を行うことも可能だ。

今回、この新プロジェクトの開発を手がけるのは、Googleの社内スタートアップから始まったNiantic,Inc.。さらに、ポケモンの世界観をしっかりと表現するために、ゲームフリークの増田順一氏も参画している。そして任天堂が「Pokemon GO Plus」の開発・製造に協力。さまざまなパートナーと共に進めていくプロジェクトとなっている。