秋限定!銀座の「メゾン アンリ・シャルパンティエ」に栗やいちじくのデセールが登場

写真拡大 (全5枚)

栗やブドウ、イチジクなどがおいしい秋。そんな秋フルーツを堪能できる期間限定メニューが、人気パティスリーにも登場し始めている。特に、目にも美しいアシェット・デセール(皿盛りデザート)は、気分が盛り上がるはず!

芦屋発の洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」は、「銀座 メゾン アンリ・シャルパンティエ」の喫茶スペース「サロン・ド・テ」で2015年9月1日(火)から秋の新作デセールの提供をスタート。

そこで、気になるデセール5品を編集部がご紹介。メニューによっていただける期間が違うので気を付けて。◆乙女心をくすぐるピンク尽くしの「パラディ・ローズ」

5品の新作デセールの中でも、編集部のいちおしは、ピンク色が愛らしい「パラディ・ローズ」(1944円/9月20日(日)から11月20日(金)まで)。

こちらは、那須高原の高級リゾートホテル「二期倶楽部」とのコラボレーションで、「アンリ・シャルパンティエ」のテクニカルアドバイザーで、フランスを代表するパティシエであるクリストフ・フェルデールが特別にプロデュースした新感覚のモンブラン。秋の味覚・栗とローズを組み合わせていて、カカオバターでピンク色に染めたお皿も印象的。

◆秋の味覚をいただく、新作デセール4品にも注目


赤くキラキラと輝く「マドモアゼル・レザン」(1620円/11月30日(月)まで)は、マドモアゼルがドレスをまとい、宝石を身につけた姿を表現したデセール。ホワイトチョコレートムースの上に、宝石に見立てたぶどうのコンポートをのせ、さらにきらめくゼリーでコーティング。周りに飾ったソーテルヌ(貴腐ワイン)がアクセントに。さっぱりとしたムースとみずみずしいぶどうの爽やかな味わいを楽しんで。


同店自慢のクレープにも、秋限定のアレンジが登場。「和栗とピスタチオのクレープ」(1836円/11月30日(月)まで)は、オーダーをしてから1枚1枚丁寧に焼き上げる色鮮やかなピスタチオのクレープに、和栗を組み合わせた贅沢な一品。こちらはワゴンサービスで、和栗をキャラメリゼし、ラム酒で香りづけをしてくれる。目の前でデセールが完成する様子を楽しめるのも、本格的なテーブルデザートを提供するこのお店ならではの醍醐味! ふわっと優しく甘い香りが広がるクレープに舌鼓を。


鮮やかな色味とぽってりとしたフォルムがキュートな「いちじくのミルフィーユ」(1404円/10月16日(金)から11月30日(月)まで)は、2つの方法で調理していちじくを使っているのがポイント。ひとつ目は、赤ワインで煮込んだもの。ふたつ目は、ローストしたもの。これら2種のいちじくをサクサクとしたパイ生地にサンドしたミルフィーユは、食感や風味を楽しめる。自家製のバニラアイスとあわせていただいて。


また、9月23日(水)から10月13日(火)までの限定販売(9月16日(水)より銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ他にて先行発売)の焼き菓子「初摘みアーモンドフィナンシェ」を、テーブルデザートにアレンジした「初摘みフィナンシェのデセール」(1404円/9月16日(水)から10月15日(木)まで)にも注目を。フィナンシェはオーダーをしてから焼き上げるので、フレッシュなアーモンドの香りがよりいっそう広がるとか。プレーン、栗とチョコのフィナンシェと、キャラメルアーモンドの濃厚なパルフェの相性も抜群。

まるで、お城のような非日常的な空間で、秋だけのアシェット・デセールを味わって。