写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で10日、秋イベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」(9月11日〜11月8日)のプレスプレビューが行われ、パーク史上最多9つのホラー・コンテンツが集結する「ハロウィーン・ホラー・ナイト」や、初開催のゲスト参加型ショー「コスチューム・パーティ #仮装で熱狂」などがお披露目された。

「ハロウィーン・ホラー・ナイト」の人気企画である「ストリート・ゾンビ」では、多種多様に進化したゾンビがパーク内に大量発生。最恐・最悪のスーパー・ゾンビ、全身を血に染めたレッド・ゾンビ、巨大なファット・ゾンビ、ウイルスをまき散らすキャリアなど、さまざまなゾンビがゲストに襲い掛かり、「キャー!!」という声が響き渡った。

人気2大クリーチャーの戦闘をテーマにした映画の世界観を再現した、新登場のウォークスルー・アトラクション「エイリアンVS.プレデター」もお披露目。先行体験したゲストは、映画を再現したグロテスクな世界で繰り広げられるエイリアンとプレデターの闘いを目の当たりにし、さらに、自分たちも逃げまどう絶望を体感した。

「エイリアンVS.プレデター」のほか、ウォークスルー・アトラクション「エルム街の悪夢 〜THE NIGHT KILLER〜」、ユニバーサル・シネマ4-Dに登場する「学校の怪談」、パーク史上最高"ホラーレベル10"を誇る強要型インタラクティブ・メイズ「トラウマ〜最恐実験病棟〜」(有料)が新登場。そのほか、「チャッキーのホラー・ファクトリー2」「バイオハザード・ザ・リアル3」が今年も登場し、人気アトラクションが『呪怨』と『貞子』の世界に乗っ取られる。

昼には、初開催のゲスト参加型ショー「コスチューム・パーティ #仮装で熱狂」がお披露目され、ゲストは思い思いの仮装で参加した。アトラクション「ターミネーター 2:3-D」の人気キャラクター・綾小路麗華や、ビートルジュース、ディーコンが、ハロウィーンの振り付けをゲストに伝授し、みんなでダンス。「スリラー」の音楽に合わせて踊って盛り上がり、最後にドラキュラ姿のミニオンも登場した。

「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」では、昼は「コスチューム・パーティ #仮装で熱狂」のほか、今年でラストとなるパレード「パレード・デ・カーニバル」も開催。ハロウィーン衣装のエルモやスヌーピーたちがフロートに乗ってカーニバルを繰り広げ、ゲストは投げ入れられるビーズネックレスをキャッチしようと熱狂する。さらにパーク各所で、ハロウィーン衣装のキャラクターたちが登場し、子供たちがお菓子のつかみどりを楽しむ「トリック・オア・トリート!」も行われる。

パーク内は、カボチャやおばけなどの装飾が彩られ、ハロウィーンムード一色に。ハロウィーンフードが並ぶ「ハロウィーン・ハピネス・マーケット」が昨年に引き続き登場し、各レストランでもハロウィーンメニューが味わえる。

なお、「ハロウィーン・ホラー・ナイト」開催日は、9月・11月の金・土・日・月・祝と、10月全日(10月29日を除く)。10月全日開催は、今年初となる。