Jストリーム<4308>は29日、新潟県中越地震復興イベントの一つとして行われる「佐渡、お笑い島計画」のオーディションを、インターネットでライブ配信するための技術支援をすると発表した。

 「佐渡、お笑い島計画」は、昨年10月に発生した新潟県中越地震後に低迷している観光業活性化のため、佐渡の魅力を再発信しようというキャンペーン。吉本興業や佐渡テレビジョンなども協力している。Jストリームが今回支援するのは同計画の第一弾として行われる、「お笑い親善大使」オーディションのライブ中継。

 Jストリームはインターネットの動画(ストリーミング)配信を総合的にサポートする事業のかたわら、各地でIT(情報技術)を活用した地域づくりを支援している。【了】