<エビアン選手権 初日◇10日◇エビアン・リゾートGC(6,453ヤード・パー71)>
 宮里藍、宮里美香、横峯さくら、上原彩子、野村敏京の日本勢5選手が出場している今季最後のメジャー大会『エビアン選手権』。初日、午前組でスタートした上原が3オーバー、宮里藍が4オーバー、そして横峯さくらが9オーバーと揃って苦しいスタートとなっている。
 INスタートの宮里藍は16番までに2バーディ・2ボギーと耐えるも上がり2ホールの17・18番で連続ボギー。後半になっても悪い流れを変えられず1番、3番でスコアを落とし、そのままホールアウトとなった。
 宮里以上に苦戦を強いられたのは同じくINスタートの横峯。1つ落として迎えた12番パー4でまさかの“8”。3ホール終了時点で5オーバーとすると、13番で1つ取り返すも上がりの18番でボギーを叩くと、後半は1バーディ・5ボギーと大荒れで終わってみれば“80”。予選突破も厳しい位置となってしまった。
 午後組の2人、宮里美は現在5ホール消化で3オーバー、野村は現地時間2時4分にスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【国内女子】服部真夕が首位発進!好調を支えるものとは?
【国内女子】ボミ、ティショット乱れ20位発進『こんなに悪いのは久しぶり』
【国内女子】2位Tの藤本麻子、難コース攻略に導いた“3パット”
渡邉彩香『デサントゴルフ』公式HPで“ゴルフへの情熱”語る!