<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 初日◇10日◇パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(6,735ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー2戦目「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」。藤本麻子が4バーディ・1ボギーの“69”でラウンド。首位と1打差の2位タイと絶好の位置につけた。
2位発進の藤本麻子、ライブフォトで初日を振り返る!
 この日、INからスタートした藤本は序盤の11番でパーオンするも10メートルのパットが残り、さらにそれをショートし3パット、ボギーが先行してしまう。出だしで躓いた藤本だが、そこであることを感じた。「今日のグリーン、意外と速くないな」と。さらに「距離感を掴めた。ここからタッチが合った」とグリーンの特徴を捉える。
 すると続く13番、14番では3m、5mを沈め連続バーディ。折り返して4番では10mのスライスラインを読み切り3つ目のバーディを決めた。さらに最終9番でも3mを沈めてバーディフィニッシュ。「このコースで3アンダーは最高」、出だしのボギーで掴んだ感覚で難コースを攻略した。
 先週まで「ショットは良かったのにパットが悪かった」とプレーが噛み合わずにいた藤本。しかし、「打ちたいところとアドレスが合っていなかった」とパッティング不調の原因を見出し、きっちり修正。出場132名中(内1人棄権)アンダーパーが9人しかいない難コースでパッティングが好スコアを後押しした。
 「今日はアイアンも良かったけどティショットがあんまり良くなかった。もう少しドライバーを修正していきたい。まだ3日間あるので、リラックスして明日に臨みたいですね」。2011年以来のツアー2勝目へ。好調のパターを武器に、まずは好位置での予選突破を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>