夏の紫外線を浴びた肌は、十分なUVケアをしていても日焼けの跡が。強烈な紫外線をシャットアウトするのはとても難しいことです。そして、日焼けは肌だけでなく、目にも大きなダメージを与えています。ここでは、秋こそ気を付けたい目のケアに有効な成分をご紹介します。

目も日焼けするって知ってる?

肌の日焼けは、紫外線から肌を守るためのメラニン色素が生成されることで起こります。肌が直接、紫外線を浴びることは日焼けの原因ですが、紫外線が目に入るだけで脳は肌が紫外線にさらされていると判断し、メラニン色素を作るように指示を出すため日焼けになってしまいます。そして、紫外線が入り込んだ目も日焼けします。目の日焼けは自覚症状もなく気づきにくいものですが、太陽光を吸収する角膜や水晶体がダメージを受けることが多いのです。

チェックしてみて! “目の日焼け”が引き起こす症状

目が日焼けでダメージを受けているかどうかはどのようにチェックすればいいのでしょうか? 日焼けによる症状を判断する項目を挙げてみますので、気になる方はチェックしてみてください。

特に明るいところで目がショボショボするのを感じる白目の部分が黄色っぽく濁って見える目の疲労感が強く集中してモノを見ることができない夜になると目が滲んで良く見えない

白目の部分が濁って見えるのは日焼けではなく炎症です。目の日焼けを放っておくと、角膜炎や白内障などの病気が発症してしまうこともあるので注意が必要です。夏の暑さもひと段落したこの季節に、目のケアを考えてはいかがでしょうか。

目のケアに有効な成分はルテインとアントシアニン!

ルテインはブロッコリーやホウレン草などの緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。光に強い特徴があるので、目の細胞が紫外線でダメージを受けた時に、抗酸化作用によってこれを防止する働きがあります。水晶体にはもともとルテインが含まれていて、紫外線を遮るフィルターとしての働きもあると言われています。夏にダメージを受けた目は、ルテインが不足している状態。ルテインを多く含む緑黄色野菜をしっかりと食べて、失われたルテインを補給しましょう。もちろん、視神経の働きを支える働きがあるアントシアニンも効果的です。


writer:岩田かほり