藤田伸二騎手(43歳)が、突然の現役引退を表明した。

 JRA通算1918勝を挙げて、重賞93勝、うちGI17勝(地方交流GIも含む)。トップジョッキーと呼ばれるにふさわしい堂々たる成績だ。

「男・藤田」の愛称で親しまれ、「大舞台に強い」とも、「ここ一番で頼りになる騎手」とも言われた。

 まだ、43歳。競馬学校の4期上となる武豊騎手(46歳)や蛯名正義騎手(46歳)らがリーディングの上位を争い、同期の四位洋文(42歳)も変わらぬ手綱さばきで奮闘中であることを思えば、早過ぎる引退、という感は否めない。

 競馬サイトで発表した引退メッセージを読むと、JRAに対する不満など、精神的に積もり積もったものが限界に達したということらしいが、貴重な個性派ジョッキーがまたひとり、表舞台から消えてしまうのは寂しい限りだ。

 思い出すのは、1996年の日本ダービー。

 舞台となる東京競馬場で、藤田騎手が手綱をとるフサイチコンコルドの単勝馬券を握り締めて、のどが張り裂けんばかりの声援を送った。

 実は、その何日か前、北海道早来の社台ファームに取材に訪れていた。そこで、フサイチコンコルドの育成に携わっていたスタッフのひとりから、「僕らは(ダービー制覇の夢を)ぜんぜん諦めていませんから」という話を聞いたのだ――。

 周知のとおり、フサイチコンコルドは年明けデビューで、大一番を前にしてわずか2戦のキャリアしかなかった。その前年、イギリスではラムタラがデビュー2戦目でダービーを勝って話題となったが、日本ではデビュー3戦目でダービーを勝つということは、戦前を除いて過去に例はなく、その意味ではフサイチコンコルドに勝利を求めるのは「常識外」だった。

 まして、フサイチコンコルドは、ダービー前に予定していたトライアル戦を熱発で回避。もともと厳しい条件にありながら、さらに大きなマイナス要素が加わっていた。

 にもかかわらず、牧場の若いスタッフたちは、ダービーの勝利を「まったく諦めていない」という。彼らはそれだけ、フサイチコンコルドに強い思いを託していた、いや、むしろこの馬自身が、それだけの思いを託すに足る存在、ということなのだろう。

 そう思うと、どうしてもこの馬の馬券を買いたくなった。馬券を買うことで、ダービーに熱き情熱をかける彼らの仲間に加わって、一緒に戦うような気分を少しでも味わいたかったのかもしれない。

 結果、圧倒的1番人気のダンスインザダークが抜け出したところを追いすがり、ゴール手前で差し切った。手が震えるほどの感動のゴールだった。

 単勝配当は、2760円。ここ30年では、2010年のエイシンフラッシュ(単勝3190円)に次ぐ、"固い"ダービーでは異例の好配当だった。

 感動も、高額の払い戻しも、ともに手にした、生涯忘れられないダービーだ。

 一方、藤田騎手はこのとき、弱冠24歳(※)。ダービーは、一定のキャリアを積んだベテランでなければ勝てないと言われていた。事実、当時から「天才」と言われていた武豊騎手でも、ダービーの勲章だけはなかなか手にすることができず、それ以前の10年間のダービージョッキーには、増沢末夫、小島太、郷原洋行、柴田政人、南井克巳など、そうそうたるベテラン勢の名前が並んでいる。
※ダービー最年少ジョッキーは、1943年にクリフジで勝った前田長吉騎手。20歳3カ月。戦後、JRAが設立(1954年)されて以降では、1971年にヒカルイマイで勝った田島良保騎手。23歳7カ月。

 藤田騎手は、そうした状況に風穴を開けた。そして、その2年後には29歳の武豊騎手がスペシャルウィークでダービーを制覇。ダービージョッキーも一気に世代交代が進んでいった。

 そうは言っても、藤田騎手の24歳でのダービー制覇というのは、近年では飛び抜けて若い。20代でダービーを制したジョッキーも、その後は前述の武豊騎手とミルコ・デムーロ騎手(2003年にネオユニヴァースで優勝。当時24歳)しかない。

 藤田騎手はそれだけ若くしても、その騎乗ぶりは常に堂々としたものだった。ダービーでも、スタートで出遅れたが、「無理に位置を取りにはいかず、ラチ沿いをぴったりに、距離のロスがないように回ってこようと思った」と、のちに語っている。

 そうして、道中をそのように進めていくと、目の前に武豊騎手が手綱をとる断然人気のダンスインザダークがいた。そこで、藤田騎手は「この馬に、というよりも、ユタカさんについていこう」と決めたという。

 藤田騎手がダンスインザダークの武豊騎手を視界にとらえるのは、1コーナーから2コーナーにかかるあたり。ここからの、藤田騎手の腹のくくり方がすごかった。

 道中スローペースで、無理に動こうとする馬もいる中、藤田騎手は「ここがベストポジション」とばかりに、まったく無駄な動きをしなかった。おそらくは、この道中の、迷いのないスムーズな追走が、実況アナウンサーが「音速の」と称えた、ゴール前の強烈な末脚を引き出したに違いない。

 この藤田騎手の腹のくくり方、言いかえれば、勝負に行っての度胸のよさが、「男・藤田」と称されるゆえんなのだと思う。

 私生活では、性格的な問題が指摘されたり、暴力事件を起こして騎乗停止になったりするなど、いわば"問題児"という一面もあった。しかし、それらを含めても、「藤田が好きだ」「馬券は藤田から買う」という根強いファンがいたことも、また事実だ。

 競馬サイトで表明した藤田騎手の言い分を、そっくり肯定はできないとしても、藤田騎手のような個性派が生き残れないような組織は、やはりどこかに組織としての問題があるのではないか。

 1918勝もの勝ち鞍を積み重ねた名ジョッキーなのに、引退式も、引退会見もない――らしい、と言えば、らしいが......。

 25年間、お疲れさまでした。

新山藍朗●文 text by Niiyama Airo