■9月特集 優勝か? 失速か? 阪神タイガースの秋(1)

今からちょうど30年前、初めて日本シリーズを制覇した阪神タイガース。チームの象徴であり、多くのファンを熱狂させたのは、「史上最強」と称される"猛虎打線"だ。当時、その打線と対峙してきた元巨人投手の槇原寛己氏に、そのすごさについて聞いた――。

 1985年に日本一となった阪神タイガース。その原動力となった"強力打線"に火をつけてしまったのは、間違いなく、僕ですね。あの、バックスクリーン3連発で......(※)。
※1985年4月17日(甲子園)、阪神vs巨人。7回裏、2点を追う阪神が猛反撃。3番バース、4番掛布、5番岡田と、3人連続でバックスクリーンへの本塁打を放って逆転勝ちを収めた。

 実は、あの年の阪神は、開幕から決して調子が良かったわけではないんです。最終的に三冠王となったR・バースにしても、むしろ不調でした。僕が対戦した時点(4月17日の甲子園)では、打率も1割台だったし、ホームランは1本も打ってなかった。

 だから、ミーティングでも「バースをこのまま打たせないようにしよう」という話が出ていました。甘いところに投げなければ大丈夫。実際、そんな感じもあったんです。そういう意味ではあの日、僕が打たれていなければ、バースの不調は続いていたかもしれないし、阪神打線、そしてチームの勢いも、あそこまで強力になることはなかったかもしれません。

 そう考えると、あの3連発は大きかった。結局、阪神打線を調子づかせることになってしまいましたから。やっぱり「僕が(阪神打線に)火をつけてしまった」ということになると思います。

 打たれたのは、7回。1対3で巨人が勝っている場面でした。2アウトながら、ランナーをふたり置いて、バースに打順が回ってきた。

 投げた球種は、シュートです。普段はあまり投げないボールでしたが、実はその前の打席でも(バースに対しては)シュートを放って、ゲッツーを取っていたんです。それも頭にあったと思うんですが......(前の打席で打ち取った)同じ球を打たれた。

 逆転の3ラン。勝っていた試合をひっくり返されてしまった。ものすごい一発でした。

 それで、ショックを受けているところに、今度は掛布さんに高めの真っ直ぐを打たれた。普通なら、フライになるボールだったと思います。それを、うまくバットをかぶせてバックスクリーンまで運ばれました。

 この時点で、もう放心状態ですよ。3人目の岡田さんのときは、ホームランを打たれたのは覚えているけど、その後の記憶がまったくありませんから。

 誰がマウンドに来て、どんなふうに交代させられたのか。ベンチに帰ってどうしたのか。アイシングをしたのかどうか。それどころか、宿舎に帰って何をしていたのかも、その日のことはまったく覚えていないんです。

 完全に(頭の中が)真っ白になりましたね。

 改めて記録を振り返ってみても、あの年の阪神打線はすごかったと思いますよ。本塁打だけ見ても、バースが54本、掛布さんが40本、岡田さんが35本。このクリーンアップは普通じゃない。

 しかも、3人とも逆方向に長打が打てましたからね。「外角に投げておけば大丈夫」というわけでもない。ホームランバッターでも、一方向だけならまだ対処のしようがあるけど、掛布さんはもちろん、岡田さんもライトにホームランを打っていましたからね。

 おまけに、バースはあれだけ足が遅くて、内野安打がないのに、打率が3割5分。岡田さんも、3割4分。これでは、手がつけられません。

 ピッチャーの立場から言えば、4番バッターが3人並んでいるような感じ。阪神と対戦するときは、とにかくこの3人のことがいつも頭から離れないわけです。そんなふうに思わせる打線は、そうそうありませんよ。

 しかも、あのときの阪神打線は、そのクリーンアップだけにとどまらなかった。まず、トップバッターの真弓さんにも長打力があった。

 1番バッターというのは普通、フォアボールを選ぶとか、コツコツ単打で塁に出るとか、そんなイメージ。それなのに、真弓さんはホームランが34本ですよ。新しいタイプの1番バッター像でしたね。まさにトップバッターから気が抜けないわけですから、ピッチャーはたまりません。

 そして2番の弘田さんは、小技がうまくて、バントも、エンドランも、何でもできる選手でした。ただ、何より厄介だったのは、弘田さんと対戦しているときに、バース、掛布さん、岡田さんという、そのあとに控えるクリーンアップのことが、どうしても気になってしまうこと。真弓さん、弘田さんと続けて出塁されてしまったら、大量失点の危険性がありますから......。本当に気が抜けなかったですね。

 さらに、佐野さんもいいバッターだったし、木戸さんは意外性があった。こうして記録を見直せば、ふたりとも下位打線なのに、13本もホームランを打っている。

 やっぱり最強じゃないですか、あのシーズンの阪神は。

 もうひとつ、付け加えるとすれば、あの1985年は甲子園の熱気がものすごかったんです。お祭り騒ぎというか、イケイケというか、ちょっと異常でした。

 試合終盤になると、フォアボールひとつ出しただけでも、球場全体がウォーと盛り上がる。地鳴りがするというか、その雰囲気だけで、マウンドにいるとものすごいピンチになったような気持ちなるんです。ファンがかもし出したあの熱気も、間違いなく優勝への勢いになっていましたね。

 そんな阪神ファンの"熱気"に火をつけたのも、やっぱりあの「3連発」だったんだと思いますけど......。

川端康生●構成 text by Kawabata Yasuo