写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニ・チャームはこのほど、生理の日をポジティブに有意義にすることを提案する「はばたけソフィガール」アイディア会議7月分・8月分の集計結果を発表した。

「旅行の時に生理になっちゃったらどうする?」(回答数1万1,555人)という質問に対し、「痛み止めを飲んで旅行プランをフルで楽しむ派」が79%、「プラン変更! ゆっくり休んで無理をしないまったり旅にする派」が21%という結果に。

「夏の風物詩、花火大会! 生理になったら何を着る?」(回答数2,003人)という質問に対しても、「浴衣を着て雰囲気まるごと楽しんじゃう派」が64%、「お気に入りの服へ変更! 生理を気にせずゆったり楽しむ派」が36%となった。