『清水圭オフィシャルサイト』より

写真拡大

 期せずして、ぶり返されてしまった。

 タレントの清水圭が、8日付のブログでサッカー日本代表FW本田圭佑を批判した。

 清水は、一部スポーツ紙に対して本田が自ら語った6年前のオランダ戦でFKのキッカーをめぐって中村俊輔と衝突した話に言及。本田が「蹴らせてほしい」と訴えたことに「主張しただけなら、それは当たり前の行為」と認めつつも、返す刀で「キッカーをあきらめきれない本田選手が中村選手に吐いた『ありえないセリフ』をワタシは知ってまんねん」と暴露。続けて「ともに勝利を目指すチームメイトには、絶対言うべきではない『捨てゼリフ』。『若気の至り』では済まされまへん・・・『敬意』なんてカケラも感じまへん」と猛批判した。

 その後、清水は当該ブログを削除し「エライすんまへん」と謝罪したものの、後の祭り。ネット上では本田が発した「ありえないセリフ」についての検証が行われている。

 有力なのは、「これを外したら代表引退してもらいますから」だ。

 当時を知るサッカー担当記者は「試合後の俊輔は大荒れで『あいつマジ許せない。キレていいかな』と語ったといいます。その後の代表戦では、俊輔から本田へのパスはめっきり減りました。いまだに両者の溝は修復されていません」と話す。

 現在、日本代表はW杯二次予選の真っ最中。8日のアフガニスタン戦は6−0で圧勝したものの、チームに水を差す清水の“暴露”は、KYといわれても仕方がないだろう。