日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

これまでの成功と経験を自負するハリルホジッチ監督

 日本代表は8日、ロシアワールドカップ・アジア二次予選でアフガニスタン代表と対戦した。中立地イランで行われた試合だったが、終わってみれば6-0の大勝。大量得点を生んだ背景には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が作り上げた基本のベースに「イメージの共有」と「選手による状況判断」が加わったところにあった。

---

「皆さんがどの様に気付かれたか分かりませんが、チームは色々な発展をすでにしています。ディフェンス面、そして攻撃面。ビッグチャンスもかなり作り出しています」

 ハリルホジッチ監督がそう説明したのはアフガニスタン戦の前日会見。ブラジルW杯で世界を驚かせたアルジェリア代表でも、チーム作りの過程では厳しい批判にさらされ、解任の要求も出ていたという。日本代表でも現在は多くの批判にさらされているが、アジア予選が続く状況でチームの成長をどう思い描いているのかを質問してみた。

「これまで多くのクラブと代表チームを率いてきたが、私が着任する時には大体のところがデリケートな状況になっていて、そこから向上させて発展させていかなければならない。もちろんフットボールはなかなかすぐには発展しないものです。でも多くの人はなかなか待てない。特にサポーターとメディアは早く結果を欲しがり、何日かで色んなことがすぐに変わると思ってしまう人もいます」

 そうした批判が出るのはノーマルであることを前置きした上で、「私はするべきことを分かっていますし、おそらく1年後、2年後、3年後にはまた別の話になっているのではと思います」と語り、これまで成し遂げてきた成功と経験に対する自信と自負を示した。

 アフガニスタン戦は中立地のイランでの開催となったものの、強い日射しと乾燥した空気、おまけに長い芝とデコボコのピッチという厳しい環境で、スタンドを埋めるほどではなかったが、アフガニスタン移民の現地サポーターは祖国の代表チームを後押しし、日本代表に対して小さからずプレッシャーをかけてきた。

 そうした状況で6得点を記録したことは確かな成果であり、指揮官も試合後に「選手にはブラボーと言いたい」と賛辞を贈っている。もちろんここで満足することなくレベルアップを続けていかなければ、次のシリア戦はもちろん、最終予選、さらに先に待つ本大会での躍進が望めないが、アフガニスタン戦で見せた確かな進歩を認識していく必要がある。進歩というのはチームとしての基本コンセプトの共有と対戦相手に応じた戦い方の選択だ。

指揮官が植え付けた“意識”

 3月に就任してから、ハリルホジッチ監督は攻守の切り替わりを早くすること、“デュエル”(球際で厳しく寄せる強さ)を高めること、安易にショートパスをつながず、1つ先を見る意識などを選手に求め、そして「日本代表はディフェンスの裏を狙う意識が不足している」と語る通り、縦に速く攻める意識をかなり強く植え付けた。

 短い代表合宿の中でミーティングを重ね、練習で徹底した成果は確かに選手のプレーとして表れたが、一方で対戦相手を見て選手たちが判断するという、トップレベルでは当たり前の要素が不足した。

 スコアレスドローに終わったシンガポール戦は確かに数多くあったチャンスの1つがゴールになっていれば勝ち点3を得られたわけだが、相手の守備をゴール前で外したシーンを作り出せなかったことは明らかな問題だった。

 カンボジア戦はシンガポール戦と似た状況になりながら、引いて守る相手に対してミドルシュートを打つ意識を強めたことに加え、ただ縦に急ぐことはせず、中央と左右のサイドに展開して相手に揺さぶりをかけるという基本的ではあるがシンガポール戦で欠けていた工程を増やし、前半は右サイド中心、後半は左サイドを中心に相手の薄いところを攻めるイメージをチームで共有していた。

 そうした攻撃の進歩が3得点につながったのは確かだが、ホームの整ったピッチにしては左右に振り、中にリターンするパススピードが遅く、相手のディフェンスを剥がしきれない要因になっていたことは1つの課題だと考えられる。

山口が語った『状況判断』

 しかし、テヘランで行われたアフガニスタン戦は芝の様態が悪く、高地のため選手の無闇なアップダウンが息切れにつながるリスクもあり、カンボジア戦の戦い方の精度をそのまま上げるだけでなく、ディテールの部分を変化させる必要があった。

「細かいプレーというよりはダイナミックなプレーを意識しました」と香川真司が語ったプレーは斜めのサイドチェンジや前を向いてボールをもったらドリブルを仕掛ける姿勢に表れていた。

 特に左サイドで先発起用された原口元気は幅広い位置からのドリブルやダイナミックなランニングで目立っていたが、指揮官の狙いと要求にしっかり応えるプレーだったと言える。

 そうした戦い方は試合前からチームで共有していたものだが、試合の中で選手が判断し、有利な試合展開につなげたと見られるポイントが少なくとも2つあった。1つはボランチではなくセンターバックをビルドアップの中心にすること。前者に関してボランチの山口蛍はこう説明する。

「相手(2トップ)が俺とハセさん(長谷部誠)にほぼマンツーマンで付いてきたので、そこはちょっとハセさんとも話しながら、あんまり引くよりちょっと前に行って、センターバックがフリーでボールを捌けるから、俺らが行っても人数増えるだけやからっていう話をしながらポジション取りをしていた」

 つまり相手の2トップがボランチの2人をマークするため、その後ろでセンターバックの吉田麻也と森重真人はフリーにボールを持てる。ならば、そこに長谷部や山口が吸収されてつなぎに参加するよりも、ビルドアップは任せて中盤の前目に顔を出す形を取った方が、効率よくチャンスに絡んでいけるということだ。

 そのポジショニングは彼らの攻撃参加を増やすだけでなく、香川が常にボランチのサポートを受けながら前向きに仕事できる状況も生んだ。

大量得点に繋がった状況の見極めとイメージの共有

 もう1つはサイドからのクロスにこだわるのではなく、リターンから中での崩しが多くなったことだ。テヘランでの非公開練習でクロス練習が重点的に行われ、主にサイドハーフとSBを生かしたクロスにタイミング良く飛び込んで合わせる形を入念にチェックしたという。

 しかし、前半はサイドを起点にしながら、そこから中を突く形が多く、香川の先制点もその形から生まれている。

 長友佑都が前方のライン際に開いた原口にボールを付けると、そのまま外側を追い越す。そこにズバイル・アミリが付いてきたことで、中にスペースが生じたところを原口がカットインし、さらに中の選手が食い付いて来た裏の香川にパスを通したことで、香川の鮮やかなミドルシュートに結び付いたのだ。

 左SBの長友は「相手もサイドを警戒していたり、ケアしていたり、サイドハーフの選手もSBにしっかり付いてきていた」と状況を説明する。

「あそこで上がることによって幅を持たせて、その間をうまく突けていたんじゃないかと思うので、いい崩しができていたのはたくさんあったと思います」

 後半12分の4得点目も本田圭佑が右サイドで長谷部からボールを受けると相手の守備が引き付けられ、中でフリーになった香川にパスを通したところから山口が鮮やかに飛び出し、岡崎慎司のゴールをアシストした。

 終盤には原口を右サイドバックに移し、サイドに人をかけて崩す形から得点を加えよういうハリルホジッチ監督の意図が見られたが、ピッチ上で選手たちが状況を見極め、攻撃のイメージを共有したからこそ大量ゴールが生まれたのだ。

基本コンセプトをベースに、状況に応じた戦い方を

 代表チームというのは準備期間が短く、メンバーも随時入れ替わりが発生するため、コンセプトを徹底して植え付ければスタイルに縛られやすくなり、選手に任せ過ぎればコンセプトが失われてしまう。基本スタイル、試合の対策、試合の判断という3要素をバランス良く組み立てることが重要だが、実際にはなかなか難しいもので、だからこそ監督のマネージメント力が問われるのだろう。

 ハリルホジッチ監督はベースになる基本コンセプトの植え付けにはこだわるが、特定の戦術にこだわるタイプではなく、実戦で状況に応じた戦い方や対策が打てるチームを作り上げる。

 その要素に選手の判断があるが、奔放なビジョンに任せるということではなくベースからのアレンジになってくる。そのためのベースアップと引き出しの共有はさらに高めていく必要がある。

 大量得点を奪えたことも確かな自信になるが、基本スタイルをベースとしながら相手を見て効果的な戦い方を選択し、共有できたことは今後の戦いにつながる確かな進歩だ。

 ゴールというのは常に右肩上がりで伸びて行くものではないが、さらなる成長が期待できることを実感したアフガニスタン戦だった。

text by 河治良幸