「終盤の見どころは、じわじわと見えてくる死神の影だと思います」(井浦新)

北川景子演じるヒロイン・玲奈が、妹を死に追いやった悪徳探偵“死神”を追うドラマ「探偵の探偵」。9月3日放送の第8話では、死神の正体だとされる“さわやなぎなな”の個人情報を入手した。高校時代のさわやなぎは人の良さそうおばちゃんフェイス。何人もの男をたぶらかし、あの世に送ってきた魔性の女にはとても見えない。人は見た目によらないのか、それともさらに裏があるのか。


さわやなぎ探索に注力したいところだが、またまた事件が勃発。刃物を振りかざした男に追いかけられた女がスマ・リサーチ社に逃げ込んでくる。DV被害者の拉致事件で、窪塚刑事と玲奈が助けた女性のひとりで、事件後に玲奈から手紙とブックボックス(本を模した収納箱)を受け取ったという。でも、玲奈はそんなものを贈った覚えはない。死神の罠を察知した玲奈は琴葉(川口春奈)とともに、凜を安全な場所にかくまうべく、ある町に向かう。


「おかしいと思うでしょうが、私にとってはこれがふつうなんです」(市村凜/門脇麦)


最終回目前だというのに、まだまだキャラが増えていくこのドラマ。第9話で登場したDV被害者・市村凜を演じるのは、門脇麦。「会ったばかりの頃はあんな人じゃなかったんです……」と弱々しく肩を震わせる人妻がめっぽうハマっている。

暴力をふるわれ、言われるがままに婚姻届にサインしたという凜。琴葉が「抵抗はしなかったんですか」と訊ねると「おかしいと思うでしょうが、私にとってはこれがふつうなんです」と答える。さらに、凜は「あの人に助けられる価値があったんでしょうか」とも言い出す。“あの人”とは、亡くなった窪塚刑事のことだ。

今さらそんなこと言うなよ……という凜の発言に対し、原作小説では、玲奈は何も答えない。《凜が痛ましくて不憫でならない。なのに、あなたには価値がある、そんな気休めは口にできない》と考えたからだ。

一方、ドラマでは琴葉が盛大に凜を励ます。「助かったことには意味がある。そう胸を張って言えるよう、生きていきましょう!」「私たちが力になります」とポジティブシンキングの大盤振る舞い。その励ましかたがどうにも雑で、見ているこちらは不安しかない


「苦しめてごめんね。もう決心しました」(峯森彩音/中村ゆり)



ターミネーターのように何度でも蘇る、クレイジーお姉ちゃんが再び始動。琴葉に彩音から自殺をほのめかすメールが送られてくる。にぶちんの妹でも気づけるよう、“踏切から旅立ちます”とヒントを書き添えつつ、「わたしは自分が許せない」「苦しめてごめんね。もう決心しました」と罪悪感を喚起するフレーズを散りばめる。お姉ちゃん、えぐいっす。


“さわやなぎなな”の男性説が浮上


玲奈が、凜の隠れ家確保や“死神”対策に追われている頃、“さわやなぎなな”に関する新たな事実が発覚する。さわやなぎななは、髪を短く切り、男として暮らしているらしい。ただし、役所で探偵に声を掛けられ、慌てて逃げていく姿は気弱そうで、“死神”のイメージとはほど遠い。ますます話がややこしくなってきた。


死神VS玲奈の闘いに決着はつくのか


破天荒な展開に見えて、じつは原作小説にかなり忠実だった本作。気になるのは今後の展開だ。第9話で登場したエピソードは『探偵の探偵3』の中盤あたり。原作小説はシリーズ4巻まであるので、まるまる一冊半ほど残っている。


ドラマ「探偵の探偵」を手がけたフジテレビの渡辺恒也プロデューサーは原作小説からのアレンジについて、こう振り返る。

「大きな流れは基本的に原作どおりですが、11話の連続ドラマにするにあたって、いくつかアレンジを加えています。例えば、第8話では窪塚の殉職後、“さわやなぎなな”という死神の正体に向かっていく回でした。原作では2巻と3巻の間にあたり、読者が想像である程度補完できる玲奈の心情の変化を一話の中で見せる必要があり、比較的オリジナルの展開が多い回になりました。また、その他にも最終話まで見てもらえると、原作と違う展開になっていたところが意外な伏線になっていたりすることもあります」(渡辺P)


今夜放送の10話と最終回11話(9月17日放送)では、いよいよ“死神”の正体が明かされる。

「妹を失った始まりの事件の真相から、いかにして死神が玲奈の存在をつかみ、犯行を行ってきたのか、そして死神自身の目的は何なのか、全て明らかになっていきます。妹の復讐のために本来、なりたくなかった探偵という生き方を選択した玲奈が、探偵業という仕事の本当の意義を見つけられるのかどうか、死神との決着を経てたどり着くゴールをぜひ見届けていただきたいです」(渡辺P)


決着つくらしい! しかし、公式サイトには「死神の正体が分かった後にも、衝撃の事実がまだありますので、本当に最後の最後までご覧ください」(井浦新)というコメントも寄せられていて、油断ならない。今夜10時から!

(島影真奈美)

「探偵の探偵」レビューまとめはこちら